キャンピングカーでカルフォルニアの大自然をめぐるアウトドアTRIP。3回目のレポートは、世界一背の高い樹「BIG TREE」があるレッドウッド国立州立公園へ!

 

100m級の樹々が林立

画像1: 100m級の樹々が林立

こちらでは、30階建てのビルと同等、100m級の高さを誇るレッドウッド(正式名称:セコイアメスギ:スギ科セコイア属)の樹々が立ち並ぶ巨大な森をトレッキングできるのです。
 

画像2: 100m級の樹々が林立
画像3: 100m級の樹々が林立

まずは、レッドウッドを見上げながらオープエアでランチタイム。地元ユーリカ・ハンボルト観光局の方々が取材班に持たせてくれたサンドウィッチのランチボックスをもぐもぐ、いただきました。
 

レッドウッド国立州立公園内には幾つものトレッキングコースが存在しています。コースの途中には「BIG TREE」の方向を指す看板が度々現れて、テンションUP。早く、会いたい!
 

画像4: 100m級の樹々が林立

お茶目な表情をして取材班を楽しませてくれるパークレンジャー・シーナさん。彼女のガイドを聞きながら、まるで絵本の世界のような、現実感のない森の中をひたすら歩き進めます。
 

画像5: 100m級の樹々が林立

レッドウッドの背が高すぎて、樹のてっぺんを見ることは不可能! 上を見ながら歩いていたせいで、取材班全員、首が痛くなっていました。
 

画像6: 100m級の樹々が林立

 

最高樹齢の樹は、なんと約2200歳⁉

途方もない歳月によって形成された巨大すぎる森の息遣いを感じていると、歩きながら気が遠くなっていくのを感じました。私たちは、なんとちっぽけな存在なのだろう。でも、それでもこの瞬間を生きて、森の大地をしっかりと踏みしめている。歩けば歩くほどに、レッドウッドからパワーをもらうことができたのです。

画像: 最高樹齢の樹は、なんと約2200歳⁉

4時間ほど森の中をさまよって、ようやく辿り着いた、BIG TREE!

高さ92.6m、直径6.6m、周20.7m、樹齢1500年。その巨大さに、開いた口がふさがりません。

 

世界一のBIG TREEはどこに?

画像1: 世界一のBIG TREEはどこに?

ただし、このBIG TREEは世界で一番大きな樹ではありませんでした。なんと、フェイク。パークレンジャーのシーナさん曰く、世界で2番目に背の高い樹だそうです。

では一体、本物のBIG TREEはどこに? 

実は、環境保護の観点から、その場所は非公開。このレッドウッド国立州立公園の中で、ひっそりと佇んでいるのだそう。世界中で競争されている「BIG TREE」の座、パークレンジャーや地元の人たちによって、大切に、大切に守られていたのです。
 

画像2: 世界一のBIG TREEはどこに?

国立公園に別れを告げ、翌朝、次の目的へ向けてはしり出したキャンピングカー。その道中、意図せず、レッドウッドの林に再び遭遇することができました。昨日出会った樹々に比べると細いものの、長身であることに変わりはありません。
 

画像3: 世界一のBIG TREEはどこに?

やはり、SNSに投稿必須の絵力。ぜひ、一度訪れてみて。

 

取材協力:
ユーリカ・ハンボルト観光局
Eureka-Humboldt Visitors Bureau

カリフォルニア観光局

 
Text&Photo:Riyua Joe(mogShore)

 
▼前回の記事はコチラ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.