女性初のアカデミー賞®監督賞に輝いた『ハート・ロッカー』で、観客を主人公と共にイラクの地に乗り込ませ、作品賞を始め5部門にノミネートされた『ゼロ・ダーク・サーティ』では、オサマ・ビンラディンのアジトの中へと潜入させた。
徹底したリアルな描写による圧巻の臨場感、先が読めない骨太でスリリングなストーリーテリングで、常に観客を圧倒してきたキャスリン・ビグロー監督。
彼女が新たに挑んだのは、1967年のデトロイトを舞台に衝撃の一夜を描いた『デトロイト』だ。

この度、キャスリン・ビグロー監督最新作の日本公開タイトルが『デトロイト』に決定、
2018年1月よりTOHOシネマズ シャンテ他、全国ロードショーされる。

画像1: © 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

© 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 『デトロイト』は、アメリカの近現代史を語る上で忘れることができない凄惨な暴動事件が起きたデトロイトを舞台に、連日暴動が続く中で起きた恐怖に満ちた“ある一夜”の事件を描く、衝撃の実話を映画化した。

 8月4日に全米公開されるや、
「最初のオスカー候補の映画のひとつが浮上 -AwardsCircuit.com-」
「動揺し、感動し、怒りを覚える。痛ましい衝撃に心を打たれる -Vanity Fair-」
「今年、最も偉大で貴重な映画 -Rolling Stone-」
「必ず観るべき映画、再び伝えられるべき物語 -KGUN-TV/ABC-」
など、メディアがこぞって絶賛。
早くもアカデミー賞®最有力候補作品の一つとなっている注目の話題作だ。

画像2: © 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

© 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

「今回は、観客の皆さんをアルジェ・モーテルの中へと誘う。リアルタイム感覚でストーリーを体験してほしい」と語るビグロー監督は、1967年の夏、アメリカを震撼させ、その後の公民権運動に大きな影響を与えた事件の舞台、デトロイトのアルジェ・モーテルへと観客を引きずり込む。

連日暴動が続く中で起きた恐怖に満ちた一夜。そこで一体何が起こったのか。アメリカだけではなく、全世界を震撼させた禁断の真実が、今、明らかになる。
 キャスリン・ビグロー監督最新作『デトロイト』は、2018年1月より全国ロードショー。

ストーリー
1967年夏、デトロイト。暴動で街が戦場と化す裏側で、世界を揺るがす“ある事件”が起きていたー
 デトロイトの暴動発生から2日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊が、アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ。何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始めた。この尋問で、誰彼構わず脅迫し自白を強要する「死のゲーム」が展開されていく・・・。

監督:キャスリン・ビグロー(『ハート・ロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティ』)
脚本:マーク・ボール(『ハート・ロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティ』)
出演:ジョン・ボイエガ(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』)、ウィル・ポールター(『レヴェナント: 蘇えりし者』)
   ジャック・レイナー(『トランスフォーマー/ロストエイジ』)、アンソニー・マッキー(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』)
2017年/アメリカ/英語/142分/1.85 : 1/カラー/5.1ch/原題:DETROIT/日本語字幕:松崎広幸
提供:バップ、アスミック・エース、ロングライド 
配給:ロングライド

2018年1月、TOHOシネマズ シャンテ他全国公開

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.