「ダンロップ スリクソン ワールドチャレンジ」(愛知県豊田市・スカイホール豊田メインホール/本戦11月14~19日/賞金総額6万ドル/室内カーペットコート)の予選2日目は、シングルス予選決勝4試合が行われた。

 シングルス予選は32ドローで争われ、3試合を勝ち抜いた第4シードの岡村恭香(ストライプインターナショナル)、藤原里華(北日本物産)、吉冨愛子(橋本総業ホールディングス)、西本恵(島津製作所)の日本勢4人が本戦への出場権を獲得した。

 11月14日(火)から本戦がスタートする。初日は10時00分から、シングルス1回戦6試合とダブルス1回戦6試合が行われる予定となっている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

シングルス予選決勝

○6吉冨愛子(橋本総業ホールディングス)6-4 7-6(5) ●4小関みちか(フリー)

○12藤原里華(北日本物産)6-2 6-2 ●16村松千裕(グラムスリー)[5]

○19西本恵(島津製作所)6-4 3-6 6-3 ●24サブリナ・サンタマリア(アメリカ)[6]

○25岡村恭香(ストライプインターナショナル)[4] 7-6(6) 6-2 ●31ニチャ・ラピタクシンチャイ(タイ)

画像: 予選突破を果たした西本恵(島津製作所)(撮影◎大澤泰紀)

予選突破を果たした西本恵(島津製作所)(撮影◎大澤泰紀)

※トップ写真は予選を突破した第4シードの岡村恭香(ストライプインターナショナル)
写真提供◎ダンロップ スリクソン ワールドチャレンジ
撮影◎大澤泰紀

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.