新しい年を迎えるにあたって、手帳やカレンダーの用意をするシーズンになってきました。月刊「カメラマン」を発行しているモーターマガジン社では、プロフォトグラファーのカレンダーを多数制作いたしました。今回ご紹介するのは「ネコ」をモチーフとしたカレンダーです。4名のプロフォトグラファーの力作だけあってどれも癒される写真となっています。是非見て、気に入ったらご購入を!

その江さん「Maine Coon -メインクーン-」

BACCHUS MAINE COONSさんの仔猫たちです。成猫になると、体長1メートル近いワイルド猫も、子どもの頃はとても愛らしく天使のよう。写真展で発表した写真に数点加えて一冊にまとめました。仔猫たちの写真に癒されてください。

画像1: その江さん「Maine Coon -メインクーン-」
画像2: その江さん「Maine Coon -メインクーン-」
画像3: その江さん「Maine Coon -メインクーン-」
画像4: その江さん「Maine Coon -メインクーン-」
画像5: その江さん「Maine Coon -メインクーン-」
画像6: その江さん「Maine Coon -メインクーン-」
画像7: その江さん「Maine Coon -メインクーン-」
画像8: その江さん「Maine Coon -メインクーン-」
画像9: その江さん「Maine Coon -メインクーン-」
画像10: その江さん「Maine Coon -メインクーン-」
画像11: その江さん「Maine Coon -メインクーン-」
画像12: その江さん「Maine Coon -メインクーン-」

金森玲奈さん「街猫日和」

街を歩いていると猫に出会います。誘われるように路地に迷い込むと、また別の猫がひょっこり顔を出すことも。思わずついて行きたくなる後ろ姿とマイペースな表情を集めました。

画像1: 金森玲奈さん「街猫日和」
画像2: 金森玲奈さん「街猫日和」
画像3: 金森玲奈さん「街猫日和」
画像4: 金森玲奈さん「街猫日和」
画像5: 金森玲奈さん「街猫日和」
画像6: 金森玲奈さん「街猫日和」
画像7: 金森玲奈さん「街猫日和」
画像8: 金森玲奈さん「街猫日和」
画像9: 金森玲奈さん「街猫日和」
画像10: 金森玲奈さん「街猫日和」
画像11: 金森玲奈さん「街猫日和」
画像12: 金森玲奈さん「街猫日和」

曽根原昇さん「ネコとウシの穏やかな関わり」

選んだ写真は2010年に新宿エプサイトで写真展を開催したときのもの。私が始めて開催した思い出深い写真たちです。今回、49枚のなかから10数枚の写真を慎重に選びましたが、その先頭にあった想いは「牧場の牛とともにくらす猫たちの穏やかなようす」に他なりません。産業の中に暮す猫は、一見して経済的な恩恵など全く与えてくれていないかのようですが、実は、忙しい牧場のなか、そこで働く人達(牛も)の大切な一員となっていました。猫好きな私自身とともに、猫の大切さを感じていただければ幸いに思います。

画像1: 曽根原昇さん「ネコとウシの穏やかな関わり」
画像2: 曽根原昇さん「ネコとウシの穏やかな関わり」
画像3: 曽根原昇さん「ネコとウシの穏やかな関わり」
画像4: 曽根原昇さん「ネコとウシの穏やかな関わり」
画像5: 曽根原昇さん「ネコとウシの穏やかな関わり」
画像6: 曽根原昇さん「ネコとウシの穏やかな関わり」
画像7: 曽根原昇さん「ネコとウシの穏やかな関わり」
画像8: 曽根原昇さん「ネコとウシの穏やかな関わり」
画像9: 曽根原昇さん「ネコとウシの穏やかな関わり」
画像10: 曽根原昇さん「ネコとウシの穏やかな関わり」
画像11: 曽根原昇さん「ネコとウシの穏やかな関わり」
画像12: 曽根原昇さん「ネコとウシの穏やかな関わり」

湯沢祐介さん「島ねこ」

普段はペット写真をメインに撮っていますが私が一番好きなのはのら猫撮影です。自由気ままに生きるのら猫はペットの可愛さと野生動物のたくましさを併せ持つ半野生動物。今回はその中でも島で暮らす猫の写真だけを選びました。

画像1: 湯沢祐介さん「島ねこ」
画像2: 湯沢祐介さん「島ねこ」
画像3: 湯沢祐介さん「島ねこ」
画像4: 湯沢祐介さん「島ねこ」
画像5: 湯沢祐介さん「島ねこ」
画像6: 湯沢祐介さん「島ねこ」
画像7: 湯沢祐介さん「島ねこ」
画像8: 湯沢祐介さん「島ねこ」
画像9: 湯沢祐介さん「島ねこ」
画像10: 湯沢祐介さん「島ねこ」
画像11: 湯沢祐介さん「島ねこ」
画像12: 湯沢祐介さん「島ねこ」

お申し込みはモーターマガジンwebShop「MMstyle」まで

こちらではご紹介したカレンダー以外も多数取り揃えています。価格はすべて2,000円(税別)です。
気に入ったカレンダーがあった方は是非よろしくお願いします。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.