ダイハツは、軽商用車「ハイゼット カーゴ」軽乗用車「アトレーワゴン」をマイナーチェンジし「スマートアシストⅢ」を採用し、11月13日から全国一斉に販売する。
画像: ハイゼット カーゴ デラックス”SAⅢ”。

ハイゼット カーゴ デラックス”SAⅢ”。

軽商用車初となる、歩行者認識して作動する衝突回避支援システムを搭載

軽商用車「ハイゼット」は、1960年に発売し、農業や建設業、サービス業など幅広い業種の
ユーザーに使われている。累計生産台数は400万台を超え、現在のダイハツラインナップの中で最も歴史あるモデル。

中でも「ハイゼット カーゴ」は1961年に発売した「ハイゼット ライトバン」から始まり、使い勝手の良さや積載性が人気を博し、現在は10代目モデルとなる。また「アトレー ワゴン」は「ハイゼット カーゴ」をベースとした軽乗用車で、日常生活やビジネスからレジャーまで幅広い用途でご使用いただけるモデルである。

今回のマイナーチェンジでは、ステレオカメラを用いた衝突回避支援システム「スマートアシス
トⅢ」を採用、軽商用車としては初となる、歩行者も認識し作動する衝突回避支援ブレーキやオートハイビームなどを搭載したことで、高い安全性能を実現した。

また、「ハイゼット カーゴ」「アトレー ワゴン」ともに内外装のデザインを刷新。「ハイゼット
カーゴ」は安定感のあるフロントマスクへ変更するとともに、フロントバンパー左右には着脱可能なコーナーピースを設定し、傷ついた場合の修理費用・交換作業を低減できる構造としている。

画像: ハイゼット カーゴ クルーズターボ”SAⅢ”。

ハイゼット カーゴ クルーズターボ”SAⅢ”。

画像: ハイゼット カーゴ クルーズターボ”SAⅢ” インパネ。

ハイゼット カーゴ クルーズターボ”SAⅢ” インパネ。

画像: ハイゼット ターボ クルーズターボ”SAⅢ” シート。

ハイゼット ターボ クルーズターボ”SAⅢ” シート。

画像: 衝突警報機能(対車両・対歩行者)/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)。

衝突警報機能(対車両・対歩行者)/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)。

ハイゼット カーゴ価格表

※スマートアシストⅢは“SAⅢ”グレードに標準設定

画像: ハイゼット カーゴ価格表

アトレーワゴン価格表

画像: アトレーワゴン価格表
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.