SEOの世界には、有効と思われていても実はまったく影響がない手法が存在するようです。Googleの検索順位にまったく影響しない10の事柄を掲載した、『Web担当者Forum』の記事をご紹介します。

Googleの検索順位にまったく影響しない10の事柄(少なくとも直接は)

SEOについて調べると、守るべき事項が山のように出てきます。しかし、実際に検索順位に与える影響は、施策ごとに大きな差があるのが事実です。それどころか、以前は重要とされた手法が今ではほとんど影響がなくなっているケースも少なくありません。効果のない作業に無駄な時間を費やさないために、『Web担当者Forum』に掲載された「Googleの検索順位にまったく影響しない10の事柄」をチェックしてみましょう。

Googleの検索順位にまったく影響しない10の事柄(少なくとも直接は)

1. ウェブサイトの公開期間
2. グーグルのアプリやサービスを利用しているかどうか
3. ウェブページの「いいね!」、シェア、「+1」、ツイートの数
4. 直帰率やサイト滞在時間はどうだろうか
5. サイトで利用している技術
6. 検索結果の右側にナレッジパネルが表示されるかどうか
7. 共用ホスティングや、巷にある安価なホスティングサービスの利用
8. グーグルがすでにデフォルト設定とみなしている設定の指定
9. title要素の中でセパレーターとして使っている文字
10. h1、h2、h3などの見出し要素の使用

この10の事項を理解するのに重要なのは、記事中でも触れられていますが、「相関関係があるからといって因果関係があるとは限らない」という点です。相関関係があることを根拠にSEOを語る人がいたら、話半分に聞いたほうが良いかもしれません。10の事項の詳細については『Web担当者Forum』に掲載された下記の元記事をご覧ください。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.