デジタルメディアにとって、読者数と収益を拡大するための有効な手段のひとつに、DMPを活用したパーソナライゼーションがあります。そのメリットと課題を実例とともに掲載した、『Exchangewire Japan』の記事をご紹介します。

デジタルパブリッシャーの未来とは

たとえ今は成長しているWebメディアであっても、どこかのタイミングで伸び悩む日が訪れます。それでも読者数と収益を拡大するために、多くのパブリッシャーが取り組むのがDMP(データ・マネジメント・ プラットフォーム)を活用したパーソナライゼーションです。しかし個人情報を活用する以上、多くのメリットともに解決すべき課題も存在します。USA Todayによる実例などを紹介した、『Exchangewire Japan』の記事を見てみましょう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.