女子ツアー界きっての飛ばし屋として名高い渡邉彩香。2017年はシーズン中盤に予選落ちが続くなど、やや低迷していたが、11月に行われたTOTOジャパンクラシックで5位と健闘を見せ、徐々に本来の姿に戻りつつあるようだ。そんな彼女が選ぶ14本の相棒とは?

いいクラブの条件とは?「1番はやっぱり“顔”ですね!」

2017年11月3日~5日に行われたTOTOジャパンクラシックで5位タイに入り、復調の兆しを見せた渡邉彩香。最大の武器は圧倒的な飛距離。だが、彼女がこだわるのは、飛距離ではなく操作性だという。

「クラブに対して、“必ずこれじゃなければダメ”というものはありません。ただ、いいものは打ってすぐにわかるので替えるときは早いです」(渡邉)。

では、渡邉が言う“いいもの”とはどんなクラブなのか?

「一番はやっぱり顔ですね。真っすぐ、スクェアに見えないと、弾道がイメージできません。その後に、そのイメージと実際の弾道がマッチしているかどうか。私はもともと球が高いので、抑えて打ったときに、いい意味で高さが出ないクラブが好きです。ウッド型ではなく、アイアン型のユーティリティを入れているのは、そういった操作性を重視しているからなんです」(渡邉)。

画像: 「アイアンが好きです」という渡邉。見た目にこだわり、気持ちよく真っすぐに構えられることを重視。アイアン(5I~PW)「ブリヂストンゴルフ J15CB」

「アイアンが好きです」という渡邉。見た目にこだわり、気持ちよく真っすぐに構えられることを重視。アイアン(5I~PW)「ブリヂストンゴルフ J15CB」

画像: 女子プロでは珍しいアイアン型ユーティリティ。「もともと高さが出るので、抑えて打ちたいんです」(渡邉)。UT「ブリヂストンゴルフ ツアーB X-HI」(20・23度)

女子プロでは珍しいアイアン型ユーティリティ。「もともと高さが出るので、抑えて打ちたいんです」(渡邉)。UT「ブリヂストンゴルフ ツアーB X-HI」(20・23度)

まっさらな気持ちで打ったときのフィーリングが大事

また、新しいものはまず試してみることが大事だと渡邉は続ける。

「先入観を持たずに打ってみるんです。情報を入れてしまうと、自分の感覚が鈍ってしまうような気がして。まっさらな気持ちで打ったときのフィーリングを大事にしています。だからこそ、替えるときは早いし、なかなか替えないことも多いんです」。

画像: 「構えた時にすっきり見えるので、思い切り振りきれます」(渡邉)。ドライバー「ブリヂストンゴルフ ツアーB JGRプロト」(9.5度)

「構えた時にすっきり見えるので、思い切り振りきれます」(渡邉)。ドライバー「ブリヂストンゴルフ ツアーB JGRプロト」(9.5度)

画像: グリーン周りは基本的には58度を使うが、状況に応じて52度、49度を使い分けている。ウェッジ「ブリヂストンゴルフ ツアーB ウェッジ プロト」(48・52・58度)

グリーン周りは基本的には58度を使うが、状況に応じて52度、49度を使い分けている。ウェッジ「ブリヂストンゴルフ ツアーB ウェッジ プロト」(48・52・58度)

画像: パターは真っすぐストロークしやすいマレット型。手の感覚を消したい渡邉にピッタリの1本。パター「オデッセイ ミルドコレクション RSX V-LINE FANG」

パターは真っすぐストロークしやすいマレット型。手の感覚を消したい渡邉にピッタリの1本。パター「オデッセイ ミルドコレクション RSX V-LINE FANG」

シーズン終盤に、本来の調子を取り戻しつつある渡邉。日本の女子ツアーが盛り上がるためにも、彼女の完全復活が待ち遠しい。

さらに詳しいクラブスペックは、週刊ゴルフダイジェスト11/28号「pro's spec」をチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.