パナソニックは先に海外発表していたDC-G9 PROを11月16日、国内正式発表。発売日は1月25日。G9PROはボディ単体の市場想定価格が21万円前後。G9PROに標準ズームキット(ライカDG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S.が付属)の市場想定価格は29万円前後。
関連記事はhttp://cameraman.motormagazine.co.jp/_ct/17130353

G9 PROの詳細は以下URL参照。

http://panasonic.jp/dc/g_series/g9pro/

panasonic.jp
画像: ▲製品名に「PRO」と冠した初のLUMIXがDC-G9  PRO。 panasonic.jp

▲製品名に「PRO」と冠した初のLUMIXがDC-G9 PRO。

panasonic.jp

「ライカ DG ELMARIT 200mm/F2.8/POWER O.I.S.」も同時発表!

画像: http://panasonic.jp/dc/lens/products/leica_dg_elmarit_200.html

http://panasonic.jp/dc/lens/products/leica_dg_elmarit_200.html

また、同時発表の「ライカ DG ELMARIT 200mm/F2.8/POWER O.I.S.」のメーカー希望小売価格(税別)は42万円で発売は2017年12月14日。本レンズは受注生産となる。そして2倍の画角を得ることができるテレコンバーター(DMW-TC20)は2018年2月下旬発売予定で価格は6万円前後。

G9 PROのアクセサリー想定価格

バッテリーグリップ(DMW-BGG9)は3万5000円前後、アイカップ(DMW-EC4)は2000円前後
着脱式ショルダーストラップ(DMW-SSTG9)は5000円前後、バッテリーチャージャー(DMW-BTC13)は5000円前後。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.