三菱のプラグインハイブリッドSUV、アウトランダーPHEVに予防安全装備「e-Assist」や100V電源などを装備した特別仕様車「Gリミテッド エディション」を2017年11月16日に発売した。

価格をおさえ、ユーザーからの要望が多かった人気オプションを装備した!

大柄なSUVながら約60km(JC08モード)もの完全EV走行ができる三菱のアウトランダーPHEV。そのベースグレード“M”をベースに先進安全運転支援システム「e-アシスト」や100V電源(1500W)、ステアリングヒーターなど、人気のオプションを装備した「Gリミテッド エディション」が特別仕様車として発売された。価格はM(365万9472円)から約17万円アップの382万6440円だからかなりお買い得だ。

画像: 上級オプションを装備して約17万円アップは嬉しい設定だ。

上級オプションを装備して約17万円アップは嬉しい設定だ。

標準装備されたのは7点

・e-アシスト
・100V電源(1500W)
・ステアリングヒーター
・自動防眩ルームミラー
・雨滴感応オートワイパー
・18インチアルミホイール&225/55R18(マッド&スノー)タイヤ
・LEDフォグランプ

とくに嬉しいのは、レーダーを使ったいくつもの先進安全運転支援システムを採用した機能「e-アシスト」だ。これは、前方車両や歩行者を検知して衝突被害を軽減する自動ブレーキ、車線逸脱警報システム、対向車や先行車両など道路状況似合わせてハイビームとロービームを自動で切り替えるオートマチックハイビーム、先行者に自動追従するACC(レーダークルーズコントロール)などを含めた先進技術だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.