「ダンロップ スリクソン ワールドチャレンジ」(愛知県豊田市・スカイホール豊田メインホール/本戦11月13~19日/賞金総額5万ドル/室内カーペットコート)の本戦4日目は、シングルス2回戦残り4試合とダブルス準々決勝残り3試合が行われた。

 シングルスは、第3シードの伊藤竜馬(北日本物産)、第5シードのジョン・ミルマン(オーストラリア)、第7シードのカルバン・エメリー(フランス)、フーベルト・フルカッチュ(ポーランド)が勝ち上がり、ベスト8が出揃った。

 日本勢は、伊藤が予選から勝ち上がってきた江原弘泰(日清紡ホールディングス)を6-2 6-1で下して8強入りを決めたが、内山靖崇(北日本物産)はミルマンに6-7(5) 7-6(11) 6-7(9)の大接戦の末に敗れた。

 ダブルスでは、前週の兵庫(ATPチャレンジャー/5万ドル/室内ハードコート)で優勝を飾った第3シードのマクラクラン勉(日本)/内山がリー・ジェ(中国)/高橋悠介(三菱電機)を6-4 6-1で倒して準決勝に進出。ファイナル進出をかけて、第1シードのアレックス・ボルト/ブラッドリー・モーズレイ(ともにオーストラリア)を6-4 7-6(4)で破ったマックス・パーセル/アンドリュー・ウィッティントン(ともにオーストラリア)と対戦する。

 11月17日(金)は11時30分から、シングルス準々決勝4試合とダブルス準決勝2試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

シングルス2回戦

○8カルバン・エメリー(フランス)[7] 7-6(3) 6-1 ●6ブラッドリー・モーズレイ(オーストラリア)

○16ジョン・ミルマン(オーストラリア)[5] 7-6(5) 6-7(11) 7-6(9) ●14内山靖崇(北日本物産)

○19フーベルト・フルカッチュ(ポーランド)6-7(5) 6-4 7-5 ●17クォン・スンウー(韓国)[6]

○24伊藤竜馬(北日本物産)[3] 6-2 6-1 ●22江原弘泰(日清紡ホールディングス)[Q]

ダブルス準々決勝

○4マックス・パーセル/アンドリュー・ウィッティントン(オーストラリア)6-4 7-6(4) ●1アレックス・ボルト/ブラッドリー・モーズレイ(オーストラリア)[1]

○5マクラクラン勉/内山靖崇(日本/北日本物産)[3] 6-4 6-1 ●7リー・ジェ/高橋悠介(中国/三菱電機)

○13ルベン・ゴンサレス/クリストファー・ルンガット(フィリピン/インドネシア)7-6(4) 7-5 ●15オマール・ジェシカ/エダン・レシェム(オーストラリア/イスラエル)

※写真は日本勢で唯一8教理を果たした第3シードの伊藤竜馬(北日本物産)
写真提供◎ダンロップ スリクソン ワールドチャレンジ
撮影◎大澤泰紀

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.