LION’S GATE「LION’S GATE PROJECT9」
★11月16日(木)東京・新宿FACE(観衆467人=超満員札止め)

 新日本の若手育成プロジェクト・LION’S GATEにて、第11回ヤングライオン杯の第2戦がおこなわれた。

 ヤングライオン杯は新日本の若手を中心にしたリーグ戦で1985年の第1回大会から2005年まで計10回開催されており、今回が約12年ぶりの復活。過去の優勝者は小杉俊二、山田恵一、蝶野正洋、山本広吉、小島聡、中西学、石澤常光、鈴木健三、田口隆祐、後藤洋央紀。

 2010年8月28日に68歳で亡くなった元新日本・山本小鉄さんの名を冠しておこなわれる今回は、欠場中の金光輝明、ヘナーレ(新日本11・18後楽園で復帰予定)を除く川人拓来、岡倫之、北村克哉、海野翔太、八木哲大、成田蓮の6選手がエントリー。開幕戦に続いてこの日も大会前半戦の第1~第3試合で公式リーグ戦が組まれた。

 結果は、開幕戦で勝利した川人拓、岡倫之、北村克哉の3人がいずれも勝利し、3人が勝ち点4でトップタイに並んだ。一方で敗れた海野翔太、八木哲大、成田蓮はともにデビュー以来未勝利のまま。

 残りのリーグ戦は新日本12・17&12・18後楽園大会、およびLION’S GATE12・21新宿大会でおこなわれる。全公式戦を終えた時点の得点1位選手が優勝者となり、1位選手が同点の場合は優勝決定戦、1位選手が複数の場合は複数人での優勝決定戦がおこなわれる。

【第11回ヤングライオン杯得点状況】
・川人拓来<2勝=4点>
・岡倫之<2勝=4点>
・北村克哉<2勝=4点>
・海野翔太<2敗=0点>
・八木哲大<2敗=0点>
・成田蓮<2敗=0点>

画像: 第2試合で海野に勝利した北村

第2試合で海野に勝利した北村

画像: 第3試合では川人が八木に勝利

第3試合では川人が八木に勝利

試合結果

岡が川人&北村の大技を批判し新人賞へ猛アピール
①山本小鉄メモリアル第11回ヤングライオン杯争奪リーグ戦(15分1本勝負)
○岡倫之<2勝=4点>(13分22秒、逆エビ固め)成田蓮●<2敗=0点>

海野、試合を裁いた父に「もっと強い自分を見せたかった」
②山本小鉄メモリアル第11回ヤングライオン杯争奪リーグ戦(15分1本勝負)
○北村克哉<2勝=4点>(10分4秒、片エビ固め)海野翔太●<2敗=0点>
※ジャックハマー

③山本小鉄メモリアル第11回ヤングライオン杯争奪リーグ戦(15分1本勝負)
○川人拓来<2勝=4点>(6分43秒、体固め)八木哲大●<2敗=0点>
※回転延髄斬り

天山&ダイナソー、中西&吉野がタッグ結成へ
④30分1本勝負
○天山広吉&中西学(11分55秒、アナコンダバイス)吉野コータロー&ダイナソー拓真●

⑤30分1本勝負
○田口隆祐(10分31秒、オーマイ&ガーアンクル)GO浅川●

青柳が永田に一騎打ち、兼平が小島との再戦を要求
⑥30分1本勝負
永田裕志&○小島聡(15分14秒、体固め)青柳優馬&兼平大介●
※ラリアット

画像: メインイベントの試合後に永田と乱闘を繰り広げた青柳が一騎打ちを要求

メインイベントの試合後に永田と乱闘を繰り広げた青柳が一騎打ちを要求

今大会の試合詳細、バックステージコメントは以下のサイトを参照。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.