12月2日(土)より渋谷・ユーロスペース、新宿ピカデリーほか全国順次公開のアキ・カウリスマキ監督最新作『希望のかなた』の第二弾ポスタービジュアルが公開されました。
カウリスマキ常連組の俳優陣の顔ぶれに加え、壁には「愛国心を持つなら地球に持て!魂を国家に管理させるな!」といった発言も知られるミュージシャン、ジミ・ヘンドリックスの肖像画もお目見えしました。

画像: © SPUTNIK OY, 2017

© SPUTNIK OY, 2017

みんなで、救う。

2017年のベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)を受賞した、アキ・カウリスマキ監督最新作『希望のかなた』は、北欧フィンランドの首都ヘルシンキを舞台に、生き別れの妹を探すシリア難民の青年カーリド(シュルワン・ハジ)が、レストランオーナーのヴィクストロム(サカリ・クオスマネン)とその仲間と出会い、彼らのちいさな善意に救われる物語。

難民申請を無常にも却下され、内戦が激化するシリアへの送還を目前に、収容所から逃げ出したカーリドは、さらにネオナチの青年たちから何度も襲われながら、ヴィクストロムの経営するレストラン“ゴールデン・パイント”のゴミ捨て場にたどり着きます。
ゴミ箱の影を寝床にしていたところをヴィクストロムに見つかり、最初は殴り合いになるものの、従業員として雇われることになります。

このたび公開された新ビジュアルでは、『白い花びら』主演でカウリスマキ作品には欠かせないサカリ・クオスマネンに加え、新たに『街のあかり』の主演ヤンネ・ヒューティアイネン、『ポルトガル、ここに誕生す~ギマランイス歴史地区』「バーデンダー」のイルッカ・コイヴラらの顔ぶれも “みんなで、救う。”のキャッチコピーの下に登場。カーリドがヴィクストロムの下で働くひと癖もふた癖もある従業員たちと初対面し、“ゴールデン・パイント”の一員として迎え入れられた採用決定の瞬間が選ばれました。

また奥の方に見えるジュークボックスやジミ・ヘンドリックスの肖像画は、ヘルシンキで実際にアキ・カウリスマキ監督が兄で同じく映画監督のミカ・カウリスマキと共同経営しているカフェ・モスクワ(Kafe Moskova)から持ち込まれた私物で、劇中で使用されています。

映画『希望のかなた』は12月2日(土)より、渋谷・ユーロスペース、新宿ピカデリーほか全国順次公開。ユーロスペースでは公開直前の11月25日(土)から12月1日(金)の1週間、アキ・カウリスマキが特別に選定した、いずれも日本劇場未公開のフィンランドの知られざる傑作6作品を上映する「アキ・カウリスマキが選んだフィンランドの映画」特集も限定公開されます。

アキ・カウリスマキ監督最新作『希望のかなた』日本予告映像

画像: アキ・カウリスマキ監督最新作『希望のかなた』日本予告映像 youtu.be

アキ・カウリスマキ監督最新作『希望のかなた』日本予告映像

youtu.be

【STORY】
内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。


監督・脚本:アキ・カウリスマキ
出演:シェルワン・ハジ、サカリ・クオスマネン 2017年/フィンランド/98分/フィンランド語・英語・アラビア語/DCP・35㎜/カラー/原題:TOIVON TUOLLA PUOLEN/英語題:THE OTHER SIDE OF HOPE/字幕翻訳:石田泰子
提供:ユーロスペース、松竹
配給:ユーロスペース
宣伝:テレザ
後援:フィンランド大使館
協力:国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所、特定非営利活動法人 国連UNHCR協会 
推薦:カトリック中央協議会広報
© SPUTNIK OY, 2017

12月2日(土)よりユーロスペースほか全国順次ロードショー!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.