2017年の国内女子ツアーは鈴木愛の賞金女王で幕を閉じた。今年の女子ゴルフも見納めか……と思いきや、12月1日から「THE QUEENS presented by KOWA」(以下ザ・クイーンズ)が開幕。一体どんな大会かご紹介しよう!

4大ツアーの上位陣が激突! ザ・クイーンズってどんな大会?

「ザ・クイーンズ」は、日本(LPGA)、韓国(KLPGA)、ヨーロッパ(LET)、オーストラリア(ALPG)の世界4大ツアーの国・地域対抗戦。「ザ・クイーンズ」は1999年から行われてきた「日韓女子プロゴルフ対抗戦」が元となっており、そこにLETとALPGの2チームを加わり、大会名も「THE QUEENS presented by KOWA」と改めて、2015年から始まった大会である。今年で3回目の開催となる「ザ・クイーンズ」の第1回大会ではLPGAが、昨年の2回目ではKLPGAが覇者となった。

大会は12月1日からの3日間で、舞台は東海クラシックの舞台である愛知県の三好CC・西コース。競技方法も独特で、1日目が2対2で各自がそれぞれのボールでプレーし、良い方のスコアで争うフォアボールマッチプレー、2日目は1対1で行うシングルマッチプレー、最終日も初日と同じく2対2だが、チーム内で1つのボールを交互に打ち、スコアが少ない方がそのホールを勝ち取るフォアサムマッチプレーと、それぞれの日で違った形式の対戦が見られるのだ。

そしてツアー対抗の大会とだけあって、各ツアーを代表する選手が出場することも注目ポイントの1つ。LPGAからは賞金女王の鈴木愛や日本チームのキャプテンを務める成田美寿々、今季ブレークした川岸史果をはじめ、笠りつ子、上田桃子、比嘉真美子、堀琴音、西山ゆかり、穴井詩など今年の国内女子ツアーを盛り上げてくれた選手たちがズラリ。

画像: 昨年は出場なしにも関わらず現地へ応援に行くなど日本チームへの思い入れが人一倍強いキャプテンの成田美寿々(2016年THE QUEENS presented by KOWA)

昨年は出場なしにも関わらず現地へ応援に行くなど日本チームへの思い入れが人一倍強いキャプテンの成田美寿々(2016年THE QUEENS presented by KOWA)

また、最大のライバルになるであろうKLPGA代表からは、鈴木愛と最後まで賞金女王争いを演じたキム・ハヌル。2017年サマンサタバサレディスを制したキム・ヘリムなど、日本ツアーでお馴染みの選手が出場。KLPGA代表の出場資格に推薦2名(海外ツアー選手含む)があるので、日本で活躍する選手も出場できるという訳だ。

ALPGからはメジャー7勝、米ツアー賞金女王3回、世界ゴルフ殿堂入りをしているカリー・ウェブ、LETからはインスタグラムにトレーニング姿を投稿し“筋トレ女子”として注目されているカーリー・ブースなど、楽しみな顔ぶれになっている。

レギュラーシーズンは終了してしまったが、まだまだゴルフを楽しみたいと思っている人にとって“朗報”な「ザ・クイーンズ」。各ツアー対抗の世界戦ともあって普段のゴルフとは一味違った試合が見られるはず! 日本チームの優勝に期待しよう。

写真/岡沢裕行

※一部修正しました

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.