ヤマハ発動機株式会社は、フロント二輪のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)125」およびABS装備の「TRICITY125 ABS」について、新たに水冷4ストローク・124㎤エンジンを搭載、 LEDヘッドランプを採用するなど装備の充実を図った2018年モデルを2018年1月20日から発売します。

進化した「TRICITY125/ABS」!エンジンが凄い!

2014年から2015年にかけて販売を開始した「TRICITY125/ABS」が、2018年のモデルより従来からの特徴である、ヤマハ独自のLMW機構とフロント二輪の特徴を生かしたデザインをそのまま生かし、さらに進化しました!

今回のモデルでは、「BLUE CORE」思想に基づき、高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして開発したエンジンを搭載し、吸気排気バルブを4バルブ化するとともに、VVA 機構を織り込み優れた燃焼効率を実現!高速域で心地よい加速感ももたらし、走りの楽しさを支えてくれます。新エンジンとマッチングを図り、高速域でも十分な強度と剛性のバランスを確保し、足元のスペースも広くなり乗り降りもしやすいデザインになりました。また、高級感のあるヘッドランプも装備されており、夜間にとても便利になっています。

存在感のあるカラーリングで視線を集める!

画像: 「TRICITY125 ABS」 ライトシアンメタリック ¥432,000円(税込)

「TRICITY125 ABS」 ライトシアンメタリック ¥432,000円(税込)

画像: 「TRICITY125 ABS」 ホワイトメタリック  ¥432,000円(税込) 「TRICITY125」¥394,200円(税込)

「TRICITY125 ABS」 ホワイトメタリック ¥432,000円(税込)
「TRICITY125」¥394,200円(税込)

画像: 「TRICITY125 ABS」 マットグレーメタリック ¥394,200円(税込)

「TRICITY125 ABS」 マットグレーメタリック ¥394,200円(税込)

カラーリングはホワイトメタッリクとライトシアンメタリック、マットグレーメタリックの3カラーでどれも存在感があり、街中で視線を集めること間違いなしですね!

発売は2018年1月20日になっています。みなさんぜひチェックしてくださいね!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.