2017シーズンの賞金女王に輝いた鈴木愛。小柄な体で積極的にピンを狙うゴルフスタイルで、圧倒的な練習量と卓越したパッティング技術が強さの秘密でもある。そんな彼女を支える14本の相棒たちとは?

パターはそのときの自分にベストなものを選択する

2017年シーズンの賞金女王に輝いた鈴木愛。

「これと決めたらシーズン中に替えることはほとんどありません。シャフトは試したり微調整したりはしますが、大きく替えることはしないですね」

そう語る鈴木だが、パターだけは別。代名詞とも言えるパッティングだが、2017年シーズンは途中でヘッドタイプが異なるものを何度か試している。複数本のパターでシーズンを戦っていたのだ。

「そのときのグリーンの状態や自分の感覚で使うパターを決めます。調子を落としていた秋口には、練習でレディス用のパターを試したこともあります。ただ、最終戦は自分のエースであるピンタイプのパターで勝負しました。感性を生かせて、しっかり打っていけるピンタイプが一番好きです」。

画像: 平均パットは今シーズン2位に終わったが、その安定感は変わらない。お気に入りはやはり感性を生かすピンタイプ。パター「ピン VAULT アンサ―2」

平均パットは今シーズン2位に終わったが、その安定感は変わらない。お気に入りはやはり感性を生かすピンタイプ。パター「ピン VAULT アンサ―2」

女王のドライバーはツアーを席巻したあの注目クラブ

さらに、今季はパーオン率が昨年よりもアップした。つねにフェアウェイから2打目を打てるということが大きな要因になっているというが、鈴木はそれがクラブにもあるという。

「ドライバーで、ラクに球が上がってキャリーが出るようになりました。上がりすぎず自分の好きな弾道の高さを出すことができる。安心して振れるので、曲がり幅が減ったように思います。だからフェアウェイから打てる回数が増え、パーオン率アップにつながったのでしょう」(鈴木)。

画像: 高く上がっても吹き上がらないため、飛距離が伸びる。男女のツアーで話題を集めたドライバー。「ピン G400 LST」(10度)

高く上がっても吹き上がらないため、飛距離が伸びる。男女のツアーで話題を集めたドライバー。「ピン G400 LST」(10度)

画像: 昨シーズンから同じモデルを使用。飛距離だけでなくコントロール性も重要なだけに、自身のフィーリングを重視。フェアウェイウッド「ピン Gフェアウェイウッド」(5W、7W)

昨シーズンから同じモデルを使用。飛距離だけでなくコントロール性も重要なだけに、自身のフィーリングを重視。フェアウェイウッド「ピン Gフェアウェイウッド」(5W、7W)

画像: 顔のよさはピンが得意とするところ。ソール幅がほどよく広く、ラクに高さが出るアイアン。「ピン i200」(6I~PW)

顔のよさはピンが得意とするところ。ソール幅がほどよく広く、ラクに高さが出るアイアン。「ピン i200」(6I~PW)

画像: ソールの抜けがよくなるようにヒール側も落としている。3本でグリーン周りを攻略する。ウェッジ「ピン GLIDE2.0」(50・54・58度)

ソールの抜けがよくなるようにヒール側も落としている。3本でグリーン周りを攻略する。ウェッジ「ピン GLIDE2.0」(50・54・58度)

暗くなるまで練習する“練習の虫”としても有名な鈴木愛。そんな彼女の躍進は本人の努力はもちろんのこと、14本のクラブ選びも大きな支えとなっていたようだ。

詳しいクラブスペックは、週刊ゴルフダイジェスト12/19号「pro's spec」をチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.