天才振付家モーリス・ベジャール没後10周年にあたる今年、ベジャールの代表作のひとつ「第九交響曲」の舞台裏を捉えた感動のドキュメンタリー『ダンシング・ベートーヴェン』が12月23日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA他にて公開いたします。

画像1: © Fondation Maurice Béjart, 2015 © Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015

© Fondation Maurice Béjart, 2015 © Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015 

画像2: © Fondation Maurice Béjart, 2015 © Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015

© Fondation Maurice Béjart, 2015 © Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015 

21世紀のバレエ史上最高傑作と呼ばれながらも2007年のベジャール亡き後、再演は不可能とされてきた「第九交響曲」。
しかし2014年に東京バレエ団創立50周年記念シリーズ第7弾として、東京バレエ団とモーリス・ベジャール・バレエ団の共同制作という空前絶後の一大プロジェクトが実現!本作は、総数80人余のダンサーに、世界的指揮者ズービン・メータ率いるイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、ソロ歌手、合唱団を加え、総勢350人に及ぶアーティストの力を結集した、その舞台裏に密着した感動のドキュメンタリー。 

画像3: © Fondation Maurice Béjart, 2015 © Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015

© Fondation Maurice Béjart, 2015 © Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015 

画像4: © Fondation Maurice Béjart, 2015 © Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015

© Fondation Maurice Béjart, 2015 © Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015 

画像5: © Fondation Maurice Béjart, 2015 © Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015

© Fondation Maurice Béjart, 2015 © Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015 

監督は、『ベジャール、そしてバレエはつづく』(09)のアランチャ・アギーレ。ペドロ・アルモドバル、カルロス・サウラといった錚々たる映画監督のもとで助監督として経験を積み、自らもベジャールのバレエスクールで学んだ経歴を持つアギーレ監督が、ジル・ロマン芸術監督のもと新たに踏み出したベジャール・バレエ団の様々な文化的背景を持つダンサーたちが織りなす人間ドラマをも描き出す。

今回、解禁となった冒頭映像では、スイスのローザンヌにあるモーリス・ベジャール・バレエ団の稽古場で、大勢のダンサーた ちが“第九”の曲にあわせて気迫あるパフォーマンスをみせる中、ベジャールのあとを継いだジル・ロマン芸術監督が「第九」の 持つ意味を語る姿が。「第九は人類に向けて語りかける手段だった。人も世界も距離が縮まり、モーリス(・ベジャール)の“第 九”には我々を前進させる力がある。第九はベートーヴェンとモーリスからの贈り物なんだ」と熱く語り、この奇跡のステージ実現への並々ならぬ思いも垣間見られる。

本作のアランチャ・アギーレ監督から日本の観客に向けてのメッセージも到着。

「希望と喜びについて語った映画、それはみんなが必要としていることです。日本の観客の皆様にもそれを感じて、楽しんでも らえると思います。喜びがキーワードです。ベートーヴェンの第九、そしてベジャールの「第九交響曲」のような、人類にとっての 傑作となるものはぜひ見てもらいたい。私が好きなアイザック・ニュートンの言葉で「私は遠くまでみることができる、なぜなら巨 人の肩にのっているから」というのがある。巨人というのは、人類のありとあらゆる傑作のこと。一人で立っていたら遠くまでは見 えないが、これまで存在したクリエイター、遺産、芸術、傑作といった巨人の肩にのる。そうすると、自分の力だけでは見えない ものが見えるようになる。芸術作品のことをそう語っていて、私もその通りだと思う。傑作を見ることは、自分自身にとってとても 有益なことです」

『ダンシング・ベートーヴェン』冒頭映像&予告

画像: 『ダンシング・ベートーヴェン』冒頭映像&予告 youtu.be

『ダンシング・ベートーヴェン』冒頭映像&予告

youtu.be

今年の年末は、耳だけでなく目でも楽しめる「第九」のステージをスクリーンで堪能してみませんか?

画像6: © Fondation Maurice Béjart, 2015 © Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015

© Fondation Maurice Béjart, 2015 © Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015 

今回、本作を公開に先駆けて鑑賞した各界著名人から絶賛コメントが到着!

脳科学者の茂木健一郎氏は「一つの舞台のために、人々が集い力を合わせる。肉体に光満ち、音楽が至高の舞踏へと生まれ変わる。ベートーベンがこの映画を見たら、歓喜の涙を流しただろう。人間として生まれてきてよかったと、心から思える作品です」と語り、バレエを題材とした著作もある漫画家の桜沢エリカ氏は「みんなが知ってる『ボレロ』だけじゃないベジャール!ベジャールをより深く知るための映画、オススメです」と絶賛! さらにプロフィギュアスケーターの安藤美姫氏は「音・ダンサー・そして幾何学的にも見える演出 何よりも人間の持つ個々の力の終結による歓喜に魅せられました」、俳優の石丸幹二氏は「ベートーヴェンの第九を、ベジャールは、多人種によるダンスに読み解き、アギーレ監督はそれを「生」と結び合わせた。これは、現代世界に向けた人間賛歌だ」と本作の魅力をそれぞれコメント。 また、実際のステージにメインダンサーとして出演した東京バレエ団の上野水香さん、柄本弾さんからのコメントもファン必見だ。

★各界著名人から絶賛の声続々!(順不同)

このドキュメンタリーを貫いているのは「愛」だと感じました。
人類愛、バレエ愛、家族愛、夫婦愛…。
自分がこのバレエに関われたことに
改めて感謝の気持ちが溢れました。
ー上野水香さん(東京バレエ団プリンシパル)

『第九交響曲』に出演した体験は、
自分のダンサー人生最大の衝撃でした。
BBLの舞台裏を見たことで、
もう一度あの舞台に立てたような感動を味わいました。
ー柄本弾さん(東京バレエ団プリンシパル)

一つの舞台のために、人々が集い力を合わせる。
肉体に光満ち、音楽が至高の舞踏へと生まれ変わる。
ベートーベンがこの映画を見たら、歓喜の涙を流しただろう。
人間として生まれてきてよかったと、心から思える作品です。
ー茂木健一郎さん(脳科学者)

誰もが知ってる「ベートーヴェンの第九交響曲」
いまだかつてない芸術となり、
生まれ出る瞬間を見届けることのできるドキュメンタリーは豪華絢爛で、
想像を絶する規模と渾然一体となったパーフェクトな映像美に
感動のあまり涙が溢れる。
ー假屋崎省吾さん(華道家)

ギエムを見た時以来の衝撃!
カテリーナ・シャルキナと大貫真幹の踊りは
見る人に人間の体の美しさ、
その身体が踊る瞬間を見ることの楽しさ、
幸福を思い出させてくれる。
ー清水玲子さん(漫画家)

ベートーヴェンの第九を、
ベジャールは、多人種によるダンスに読み解き、
アギーレ監督はそれを「生」と結び合わせた。
これは、現代世界に向けた人間賛歌だ。
ー石丸幹二さん(俳優)

みんなが知ってる『ボレロ』だけじゃないベジャール!
ベジャールをより深く知るための映画、オススメです。
ー桜沢エリカさん(漫画家)

一斉に手を繋ぎ、前に進むダンサー達
人種の壁も国境もない
優れた芸術の前で人は争わない
「第九」に平和への強いメッセージをこめたベジャールの想いはジルによって、
またその子供達によって永遠に続く美の王国
ー広田レオナさん(映画監督)

静(生・聖)と動(道)との優美な共存。
ベジャールの代表作の一つである bolero 私も1度滑らせていただきました、
静からのエネルギーを演じる難しさを感じたものです。
音・ダンサー・そして幾何学的にも見える演出
何よりも 人間の持つ個々の力の終結による歓喜に魅せられました。
生きるということは 簡単ではないことをあらためて心に留め、頑張れないときも
歓喜の時をつかむ そんな瞬間を感じられる人でありたいという思いを受けとめ・・・
最後に 目で音を感じられる作品に感謝を込めて。
ー安藤美姫さん(プロフィギュアスケーター)

人の声に身体を重ねるのが気持ちいいと言う
ソリストO・シャコン。耳の聞こえないベートーヴェンが
音楽を見ると話す指揮者Z・メータ。
多民族の集団であるバレエ団が一つのもの
に取り組む面白さを語る芸術監督G・ロマン。
五感が歓喜する第九を綴った83分。
ー斎藤綾子さん(作家)

様々な人間ドラマがある中。
最高のステージを目指す気持ちは皆んな一緒。
愛と情熱を感じる作品です。
ーえれなさん(モデル)

魂と肉体・苦悩と喜びが舞う感動!
“希望は常に勝利である”
ベジャールの言葉は僕の宝物になった。
ー操上和美さん(写真家)

様々な思いを内包して本番の幕が上がる。
美しいダンスシーンに人間ドラマに鳥肌が立ちっぱなしの83分!
この映画こそ歓喜と希望。
ー佐伯日菜子さん(女優)

思想という幻想を捨て、五感を感じて今を生きる。音楽も踊りも人生も流れているけれど、人と人がつながれる瞬間は「喜び」の他ならない。響く旋律、響く肉体、全ては国境を超え人間である事を平和を謳歌するために!
ー小林十市さん(ダンサー)

一つの点に向かい、ゆったりとうっとりと、
今までに感じたことのない「美」が流れる。
心温まるものが円となり、刺激的にうったえる。
これが愛、生命のかたちなのかもしれない。
ー吉田良一郎さん(吉田兄弟)

第九の中で人種が溶け合っていき、音楽そのものになっていく。
私やそれを包むもの全ては共同体であり、元々一つであったことを思い出させてくれる。
その役割を持つ者の如何に過酷なことか。それにしても美しい。
ーFISHBOY さん(ダンサー・振付師)

これはまさしく人類の出来事。時間と場所を
超えて、このように映像で再び確かめられる
ことは幸せなことである。そして日本人として
これを観たとき、不思議な豊かさをいただく。
それにしてもやっていることが「でかい!」
ー近藤良平さん(振付家・ダンサー・コンドルズ主宰)

画像7: © Fondation Maurice Béjart, 2015 © Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015

© Fondation Maurice Béjart, 2015 © Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015 

<物語>
様々な想いを抱えながら、ダンサーたちは伝説のステージへと挑んでいく――。
スイス、ローザンヌ。『第九交響曲』出演のために過酷な練習に取り組むモーリス・ベジャール・バレエ団のダンサーたち。第二幕のメインをジル・ロマンから任せられた才能豊かなソリスト、カテリーナは踊る喜びに満ち溢れていた。ある日、カテリーナは妊娠が発覚しメインを下ろされてしまう。一方で、お腹の子の父となるオスカーは生まれてくる子のために良き父親になろうとしていた。キャリアが中断されることへの不安と産まれてくる子供への愛情のあいだで揺れ動くカテリーナ。様々な想いを抱えながらダンサーたちは、東京での第九のステージに挑む。

振付:モーリス・ベジャール
監督:アランチャ・アギーレ 
音楽:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲『交響曲第9番 ニ短調 作品125』
出演:マリヤ・ロマン/モーリス・ベジャール・バレエ団:エリザベット・ロス、ジュリアン・ファヴロー、カテリーナ・シャルキナ、那須野圭右、オスカー・シャコン、大貫真幹/東京バレエ団:上野水香、柄本弾、吉岡美佳/クリスティン・ルイス、藤村実穂子、福井敬、アレクサンダー・ヴィノグラードフ、栗友会合唱団 ジル・ロマン(モーリス・ベジャール・バレエ団芸術監督)、ズービン・メータ(イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督)  
配給:シンカ
宣伝:ブリッジヘッド
協力:東京バレエ団
後援:スイス大使館  
2016/原題:BEETHOVEN PAR BEJART/83分/スイス、スペイン/フランス語、英語、日本語、スペイン語、ロシア語/カラー/1:1.78/ドルビー・デジタル5.1ch/字幕:村上伸子、字幕監修:岡見さえ 
© Fondation Maurice Béjart, 2015 © Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015 

12月23日(土)、全国公開!
ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.