マセラティジャパンがフラッグシップのクアトロポルテ GTSの特別限定車「クアトロポルテ GTS ネリッシモ・カーボン・エディション 」を発表、12月6日から受注を開始した。
画像: マセラティ クアトロポルテ GTS ネリッシモ・カーボン・エディション。至高の黒でまとめられた特別限定車。

マセラティ クアトロポルテ GTS ネリッシモ・カーボン・エディション。至高の黒でまとめられた特別限定車。

大阪モーターショーで日本初公開

今回発表された「クアトロポルテ GTS ネリッシモ・カーボン・エディション 」の“ネリッシモ”とはイタリア語の“Nero(黒)”からの造語で“漆黒”を意味する。そして、すべてを飲み込んでしまうような“黒”という色が持つ底知れぬパワーにより、都会的な夜をエモーショナルに体現した特別限定車というわけだ。

画像: 黒でまとめられた中で、赤いブレーキキャリパーがいいアクセントになっている。

黒でまとめられた中で、赤いブレーキキャリパーがいいアクセントになっている。

特別装備の内容はまずボディカラーで、“グリジオ マラテア”という深みを感じさせるブラックが採用された。さらにブラックウインドーフレーム、そしてカーボンフィニッシュを随所に施すことで、光と影によって変化する黒のグラデーションを楽しめるものになった。さらにピアノブラック仕上げのフロントグリル、21インチ チターノグロッシーブラックのホイールが装着されている。

画像: ブラックのフルプレミアムレザーに赤いステッチが入る。ハンドル位置は右だ。

ブラックのフルプレミアムレザーに赤いステッチが入る。ハンドル位置は右だ。

インテリアはブラックのフルプレミアムレザーで、随所にレッドのコントラスト・ステッチが入る。また、カーボン仕上げのスポーツステアリングホイール、ギアシフトパドル、ドアシル、トリムを装備、さらにBowers & Wilkinsのプレミアムサウンドシステムが採用されている。

車両価格はベースとなるGTSの227万円高で2197万円(税込み)、アジア・中東限定50台で日本への割り当ては8台とのことだ。なお、この特別限定車は12月8〜11日にインテックス大阪で開催される「第10回 大阪モーターショー」で日本初公開となる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.