シニアツアーで戦うベテランプロに、アマチュアでもできるワザを教えてもらう企画「シニアプロの一言レッスン」。今回は、シニアツアーで活躍中の早野健プロの“一言”。ミスが出やすいアプローチの必勝法を、シンプルに教えてもらった。

「アプローチは左腕とクラブを1本にするイメージで打つ」by早野健

ダフりやトップなどのミスが頻発するグリーン周りのアプローチ。早野健プロは「クラブを左腕と1本にするイメージで振るといいですよ」と話す。

「アプローチは左腕とクラブを1本にするようなイメージでスウィングするといいんです。左腕を真っすぐに伸ばして、左手のグリップをゆるめないようにして打つ、これだけです。ボール位置はライに応じて変えますが、基本的にいい状態なら『左』。ライが悪ければ『ちょっと中』に入れてというような感じで、臨機応変に対応しましょう」(早野)

画像: 「左腕とクラブを1本にする」と話す早野プロ

「左腕とクラブを1本にする」と話す早野プロ

手首を使いすぎるとミスが出やすくなると早野プロ。「左腕とクラブを真っすぐにして、グリップをゆるめず打つ」、余計な小細工をしないで、シンプルに打つことがアプローチを成功させる“必勝法”とのことだ。

アプローチが苦手なゴルファーはぜひ試してみよう!

実際の動きは動画でチェック!

画像: シニアプロの一言レッスン【早野健編】 youtu.be

シニアプロの一言レッスン【早野健編】

youtu.be

取材協力:富士フイルム シニア チャンピオンシップ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.