「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/予選1月10日~、本戦1月15~28日/ハードコート)の女子予選が11日(木)からスタートする。

 ドローが発表され、日本人選手は尾﨑里紗(江崎グリコ)、加藤未唯(佐川印刷)、土居美咲(ミキハウス)、穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)、今西美晴(島津製作所)、波形純理(伊予銀行)の6人が名を連ねた。

 尾﨑、今西、波形の3人が同じブロックとなり、尾﨑と今西は初戦で対戦する。尾﨑が第8シード、加藤が第12シード、土居は第17シードで臨む。

 女子予選は96ドローで争われ、3回勝ち上がった12名が本戦への出場権を手にする。女子の予選は13日(土)までの3日間で行われる予定。

※コート番号は試合が予定されているコート、名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

女子予選1回戦の試合予定(日本人選手)

Court5
第3試合 59波形純理(伊予銀行)vs 60マリー・ボウズコバ(チェコ)

Court10
第3試合 4穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)vs 3タマラ・ジダンセク(スロベニア)

Court12
第3試合 57尾﨑里紗(江崎グリコ)[8] vs 58今西美晴(島津製作所)

Court15
第4試合 24土居美咲(ミキハウス)[17] vs 25ディアナ・ヤストランスカ(ウクライナ)

Court19
第2試合 89加藤未唯(佐川印刷)[12] vs 90マグダレナ・フレッヒ(ポーランド)

※写真は大会のボールキッズ
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 09: Australian ball kids get officially welcomed during a practice session ahead of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 9, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Michael Dodge/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.