「ホバート国際」(WTAインターナショナル/オーストラリア・タスマニア州ホバート/1月7~13日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のダブルス準々決勝で、第4シードのリューメラ・キッシャノック(ウクライナ)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)が日比野菜緒(LuLuLun)/ダリヤ・ユラク(クロアチア)を6-1 6-4で破り、ベスト4進出を決めた。試合時間は1時間7分。

 二宮とキッシャノックは、前週のブリスベン(WTAプレミア/ハードコート)で初めてペアを組んでダブルスに出場。初戦を勝ち上がり、アンドレア・クレパーチ(スロベニア)/マリア ホセ・マルチネス サンチェス(スペイン)に7-5 5-7 [7-10]で敗れていた。今大会の1回戦ではケイトリン・クリスティアン(アメリカ)/プラルタナ・トンバリ(インド)を6-2 7-5で下して勝ち上がっていた。

 キッシャノック/二宮は決勝進出をかけて、ワイルドカード(主催者推薦枠)のアリソン・ベイ/リゼット・カブレラ(ともにオーストラリア)と対戦する。ベイ/カブレラは準々決勝で対戦予定だった第2シードのキルステン・フリプケンス(ベルギー)/ニコール・メリカ(アメリカ)が棄権したため、不戦勝で勝ち上がっている。

※写真は昨年の東レPPOでの二宮真琴(橋本総業ホールディングス)
TOKYO, JAPAN - SEPTEMBER 22: Makoto Ninomiya of Japan and Renata Voracova of Czech Republic competes against Daria Gavrilova of Australia and Daria KASATKINA of Russia during day five of the Toray Pan Pacific Open Tennis At Ariake Coliseum on September 22, 2017 in Tokyo, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.