オーストラリア・シドニーで開催されている「シドニー国際」(WTAプレミア/1月7~13日/賞金総額79万9000ドル/ハードコート)の女子シングルス準決勝で、アンジェリック・ケルバー(ドイツ)が、第2セット1-3から巻き返して予選勝者のカミラ・ジョルジ(イタリア)を6-2 6-3のストレートで下し、決勝進出を決めた。これはケルバーにとって、新シーズンの連続8勝目に当たる。

 元世界1位で2016年オーストラリアン・オープン優勝者のケルバーは、パースでの男女混合国別対抗戦「ホップマンカップ」でプレーしたシングルス4試合のすべてで勝ち、今、シドニー決勝への道のりでさらに4勝を重ねた。

 彼女は決勝で、地元選手のアシュリー・バーティ(オーストラリア)と対戦する。バーティはもうひとつの準決勝で、ダリア・ガブリロワ(オーストラリア)を3-6 6-4 6-2で破った。

 11度のサービスブレークが乱れ飛んだこの試合だが、第3セットでつかんだ2つのブレークチャンスをものにしたバーティがガブリロワを振りきった。

 ガブリロワが自分のサービスの調子にフラストレーションを感じていることは、第2セットの第9ゲームに明らかになった。4-4とタイにしたあとのそのゲームで、彼女は2度ダブルフォールトを犯し、いら立ってラケットを叩きつけたために、コード・バイオレーションを食らっていた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はアンジェリック・ケルバー(ドイツ)
SYDNEY, AUSTRALIA - JANUARY 12: Angelique Kerber of Germany plays a backhand in her match against Camila Giorgi of Italy of during day six of the 2018 Sydney International at Sydney Olympic Park Tennis Centre on January 12, 2018 in Sydney, Australia. (Photo by Zak Kaczmarek/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.