2018年1月12日、ジャガー・レーシングは世界初の市販車ベースのEVワンメイクレース、「ジャガーIペイス eトロフィー」のオフィシャルタイヤサプライヤーとしてミシュランと提携すると発表した。
画像: ジャガーIペイスは全長×全幅×全高が4680×1890×1560mmと比較的コンパクト。

ジャガーIペイスは全長×全幅×全高が4680×1890×1560mmと比較的コンパクト。

フォーミュラEのサポートレース

ジャガーIペイスは2019年に市販が予定されているジャガー初のピュアEV(電気自動車)だ。そのワンメイクレースである「ジャガーIペイス eトロフィー」は、FIAフォーミュラE選手権のサポートレースとして2018-2019年シーズンに行われる。エントリーは20台が予定され、大いに盛り上がることが今から期待されている。

その「ジャガーIペイス eトロフィー」に、FIAフォーミュラE選手権のオフィシャルタイヤサプライヤーでもあるミシュランがタイヤを供給することになった。

ジャガー・レーシング・チームのディレクター、ジェームズ・バークレーは「ミシュランとの提携により、ジャガーIペイス eトロフィーがより実りの多い、エキサイティングなシリーズになると確信しています」と語る。

画像: EVによるモータースポーツにおいてジャガーとミシュランは関係を深めている。

EVによるモータースポーツにおいてジャガーとミシュランは関係を深めている。

一方、ミシュランモータースポーツのディレクター、パスカル・クワノンは「フォーミュラEとは初シーズンからパートナーシップを組んできました。今回、世界初の市販EVをベースにした選手権創設のタイミングで、ジャガー・レーシングと活動できることに大きな期待を寄せています」という。

ジャガーは2016年10月にモータースポーツの世界に復帰、FIAフォーミュラE選手権に参戦した。そして、Iペイスのワンメイクレースを開催して、さらに市販モデルの電動化も急ぐことになる。ゼロエミッションへ向けた事業戦略は順調に進んでいるようだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.