月刊カメラマン2018年1月号から始まりました「撮る気持ち、撮られるキ・モ・チ」はタイトルを変更して『一瞬を共有する二つの心』となりました。毎回一つのテーマを決めて撮影、撮り手である写真家・萩原和幸さんがそのカットの撮影者側の意図を、モデルであるいのうえのぞみさんが撮られ手の気持ちを、それぞれ語ります。そしてアザーカットを通じて、撮影の別の部分を「webカメラマン」上で語っていきます。今回はそのPart2です。

今回のテーマは『初戀』

本誌掲載作品は、当初から狙っていたカット。振り向いてもらえない…という、切ない気持ちを込めたんだけど、撮影では前後の気持ちも交えながら撮影している。今回は“好きを意識した瞬間”“いつも目に飛び込んできてしまう➡︎見つめる”“やっぱり気づいてもらえない切なさ”に分けて気持ちを作っていった。

時間の都合上、“好きを意識した瞬間”は彼女自身の気持ちの中で行ってもらい、“いつも目に飛び込んできてしまう➡︎見つめる”は本誌での掲載カット。僕の狙いはここ。でも、そのあとの展開によっては、もっともっと!となるのが写真屋の性というもの。“やっぱり気づいてもらえない切なさ”の撮影へと繋ぎ、今回はこの部分のカットをご覧いただきたい。

『初戀』。すれ違い…。

画像: ■ソニーα7RⅡ SIGMA 35mmF1.4DG 絞りF1.7 1/640秒 WB:マニュアル ISO200  RAW

■ソニーα7RⅡ SIGMA 35mmF1.4DG 絞りF1.7 1/640秒 WB:マニュアル ISO200  RAW

夕方感を強調し、その寂しさを演出。離れている距離感を、やや広めの35mmレンズと引きの構図で狙ってみることに。
萩原「その後、すれ違うたびに振り向いては見つめてみるけれど、私のことなんてやっぱり気にしてないんだ…という気持ちでお願いね」。

いのうえ「初恋の人とすれ違ったけど、自分のことに気づいていないのかな…という、ちょっぴり切ない気持ちで好きな人の後ろ姿を見つめる場面をイメージしてみました。いかがですか?」

『初戀』。私待つわ…。

“初戀”は成就しない、淡く消えゆくものだ…というシチュエーションから、ポツンと「ボッチ感」を想像しながら、中望遠でゆるいボケを作りつつ、彼女を浮き上がらせるようにした。

画像: ■ソニーα7RⅡ FE 100mm F2.8 STF GM OSS 絞りF5.6 1/160秒  WB:マニュアル ISO200  RAW

■ソニーα7RⅡ FE 100mm F2.8 STF GM OSS 絞りF5.6 1/160秒  WB:マニュアル ISO200  RAW 

萩原「結局、恋は叶わないわけよ。そんな寂しさ出してみて。あくまでも“私は待っている”タイプの女の子でね」。

いのうえ「この場面は好きな人とすれ違って、自分は目でその人を追っているの。でも相手には気づいてもらえない。やっぱり私のこと、好きじゃないんだなあ〜って。それで淋しげに帰っていくってイメージです」。

萩原 「明るい方向に向かって歩いていくあたりが、青春っぽさを感じるねえ」。

いのうえ「陽が傾き、緑がキラキラと輝いていて、それで胸がキュンとなるような恋を、私もしたいなぁ〜って願望込みですw」。

撮影はポートレートの達人、写真家・萩原和幸さん

画像: 1969年、静岡県出身。東京工芸大学卒業。静岡大学人文学部法学科卒業。写真家・今井友一氏に師事、独立後、K&R Photograph∞を設立。フリーランスのフォトグラファーとして雑誌での撮影・執筆や広告撮影などで活動中。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。静岡デザイン専門学校非常勤講師。 www.ikkyow.com

1969年、静岡県出身。東京工芸大学卒業。静岡大学人文学部法学科卒業。写真家・今井友一氏に師事、独立後、K&R Photograph∞を設立。フリーランスのフォトグラファーとして雑誌での撮影・執筆や広告撮影などで活動中。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。静岡デザイン専門学校非常勤講師。

www.ikkyow.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.