レブル250/500のどちらにも装着可能!

カスタムベース車としても人気を集めているホンダのレブル。今回はデイトナさんのオリジナルパーツでまとめられた、デモ車をチェックしてきましたので、その詳細をお届けします! 

「ツーリング」「タンデム」「ドレスアップ」などなど、様々なニーズに応えるパーツがラインアップされているので、レブルのカスタムを予定されている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

画像: これがデイトナ製パーツで固められたレブル。豊富なカスタムパーツから、自分の好みに合わせて装着してみては。

これがデイトナ製パーツで固められたレブル。豊富なカスタムパーツから、自分の好みに合わせて装着してみては。

画像: ヘッドライト上には、「national cycle FLYSCREEN汎用メーターバイザー φ31~43(2万2000円)」を装着。写真の車両に装着しているのはダークスモークですが、ライトスモークもラインアップあります! また、「スモールウインカーキット(1万8000円)」でカスタムテイストを強めているのもポイント。

ヘッドライト上には、「national cycle FLYSCREEN汎用メーターバイザー φ31~43(2万2000円)」を装着。写真の車両に装着しているのはダークスモークですが、ライトスモークもラインアップあります! また、「スモールウインカーキット(1万8000円)」でカスタムテイストを強めているのもポイント。

画像: 背もたれとして重宝するバックレストもラインアップ。デイトナの「リバーシブルバックレスト(3万5000円)」は、1人乗りでも、タンデムでも装着できる。バックパッドの位置も上下2ポジションで調整が可能だ。

背もたれとして重宝するバックレストもラインアップ。デイトナの「リバーシブルバックレスト(3万5000円)」は、1人乗りでも、タンデムでも装着できる。バックパッドの位置も上下2ポジションで調整が可能だ。

画像: ミラーにはブラストブラックの「BSCパラレルミラー(6800円)」を装備。中空アームの角度は水平から垂直まで調整が可能だ。

ミラーにはブラストブラックの「BSCパラレルミラー(6800円)」を装備。中空アームの角度は水平から垂直まで調整が可能だ。

デモ車に装着されているメッキパーツの発売も楽しみ!

デモ車にはメッキ仕上げのサイドカバー、フロントフェンダー、ラジエーターカバーが装着されていた。現時点では商品ラインアップには加わっていないが、登場が待ち遠しいドレスアップパーツだ。

画像1: デモ車に装着されているメッキパーツの発売も楽しみ!
画像2: デモ車に装着されているメッキパーツの発売も楽しみ!
画像3: デモ車に装着されているメッキパーツの発売も楽しみ!

リアショックは快適性を維持しながらノーマル比20mmダウン!

画像: 約40mmのストロークを確保し、タンデムにも対応するリアショック。ノーマル比約20mmダウンの「ローダウンリアショック」は、5段階のイニシャル調整が可能(工具付き)。カラーは写真のブラックと、クロームメッキから選択できる(価格はいずれも2万1000円)。ノーマルサイドスタンドの使用も可能だ。

約40mmのストロークを確保し、タンデムにも対応するリアショック。ノーマル比約20mmダウンの「ローダウンリアショック」は、5段階のイニシャル調整が可能(工具付き)。カラーは写真のブラックと、クロームメッキから選択できる(価格はいずれも2万1000円)。ノーマルサイドスタンドの使用も可能だ。

画像: キャリアはコンパクトな「フラットキャリア(1万円)」と、タンデム用の「グラブバーキャリア(1万5000円)」が用意されている。1人乗りなら、写真のように同時装着も可能で、積載性もバツグンだ。

キャリアはコンパクトな「フラットキャリア(1万円)」と、タンデム用の「グラブバーキャリア(1万5000円)」が用意されている。1人乗りなら、写真のように同時装着も可能で、積載性もバツグンだ。

画像: 大きな荷物も安心して積載!グラブバーキャリア_レブル250_500_203 youtu.be

大きな荷物も安心して積載!グラブバーキャリア_レブル250_500_203

youtu.be
画像: 転倒のダメージから車体を守ってくれる「パイプエンジンガード」は、スチール製のマットブラック仕上げ。250(2万8000円)と500(3万2000円)、それぞれ専用品となる。パイプ径はアメリカンのハンドルと同じφ25.4なので、アイテムをクランプしやすいのもポイント。

転倒のダメージから車体を守ってくれる「パイプエンジンガード」は、スチール製のマットブラック仕上げ。250(2万8000円)と500(3万2000円)、それぞれ専用品となる。パイプ径はアメリカンのハンドルと同じφ25.4なので、アイテムをクランプしやすいのもポイント。

画像: HONDA_Rebel250_MC49_DAYTONA_カスタムセレクション_001_181 youtu.be

HONDA_Rebel250_MC49_DAYTONA_カスタムセレクション_001_181

youtu.be

今回、梅本まどかちゃんが着用していた衣装は?

今回梅ちゃんがさり気なく着こなしていたのは、バイクでの走行を前提に作られたアイテム。ヘンリービギンズのジャケットとブーツを、改めて見ていきましょう!

画像: ネイビーの「HBJ-042 64コーチジャケット(1万3800円)」は、防風フィルムと蓄熱フェルトの三層ボンディング加工が施され、胸部と背中にプロテクターを標準装備。襟には隠しドットボタンがあるので、走行中のバタつきも抑えられている。

ネイビーの「HBJ-042 64コーチジャケット(1万3800円)」は、防風フィルムと蓄熱フェルトの三層ボンディング加工が施され、胸部と背中にプロテクターを標準装備。襟には隠しドットボタンがあるので、走行中のバタつきも抑えられている。

ヘンリービギンズ(HenlyBegins) ジャケット HBJ-042 64コーチジャケット ブラック XL 94659
Henly Begins(ヘンリービギンズ) (2016-07-01)
売り上げランキング: 58,084
画像: ヘンリービギンズのショートブーツ HBS-003(1万4000円)は、一般アパレルブーツのような外観だが、シフトパッドを内蔵し、くるぶしパッドの装備や滑り止め加工をほどこすなど、ライディングに適した仕様となっている。

ヘンリービギンズのショートブーツ HBS-003(1万4000円)は、一般アパレルブーツのような外観だが、シフトパッドを内蔵し、くるぶしパッドの装備や滑り止め加工をほどこすなど、ライディングに適した仕様となっている。

デイトナでは「ウインターキャンペーン」開催中!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.