「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15~28日/ハードコート)の女子シングルス3回戦で、大坂なおみ(日清食品)が第18シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)を6-4 6-2で倒し、グランドスラムで初のベスト16進出を果たした。試合時間は1時間13分。

 全豪に3年連続出場となる大坂は、予選を突破してグランドスラム本戦デビューを果たした2016年に3回戦に進出。昨年は2回戦で、ジョハナ・コンタ(イギリス)に4-6 2-6で敗れていた。

 今大会での大坂は、1回戦でクリスティーナ・クコバ(スロバキア)を7-5 6-2で、2回戦では第16シードのエレナ・ベスニナ(ロシア)を7-6(4) 6-2で破って勝ち上がっていた。

 この結果で大坂は、バーティとの対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。両者は2014年2月にアカプルコ(WTAインターナショナル/ハードコート)の予選で初対戦しており、バーティが6-2 6-4で勝っていた。

 グランドスラム本戦に8度目の出場となる大坂は、シード選手と11度目の対戦で7勝目を挙げた。

 大坂は8強入りをかけて、第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)と対戦する。ハレプは3回戦で、ローレン・デービス(アメリカ)を4-6 6-4 15-13で下しての勝ち上がり。

※写真は大坂なおみ(日清食品)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 20: Naomi Osaka of Japan celebrates winning a point in her third round match against Ashleigh Barty of Australia on day six of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 20, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.