第二次世界大戦中、スコットランドにて貨物船が座礁した実話をベースに描いた物語、「ウイスキーと2人の花嫁」がいよいよ来月2月17日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開となります。

結婚を控えた娘2人とその父親やお茶目な島民たちが登場し、心がほっこりとする本作は、映画ファンはもちろん、ウイスキーファンも楽しめる芳醇な大人のコメディです。

間もなくの公開を控え、新ビジュアルが解禁となりました。
登場キャラクターが可愛らしいイラストで描かれた新ビジュアル。
イラストを担当したのは、なんと本作の監督であるギリーズ・マッキノン監督だ。

画像1: © WhiskyGaloreMovieLimited2016

© WhiskyGaloreMovieLimited2016

監督業のほかにマンガやイラストも得意な監督は巨匠・黒澤明の大ファンであり、『羅生門』『生きる』『七人の侍』『どですかでん』などから多大な影響を受けたという。
大好きな日本での映画公開を記念して特別に描き下ろしたオリジナルイラストです。
監督からのメッセージも併せて到着いたしました。

さらに、ニッカウヰスキーの創業者の生涯を描いたNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」の監修を務めたウイスキー評論家の土屋守氏独自ブレンドの映画公開記念オリジナルウイスキー(提供:ウイスキー文化研究所)や、座礁した貨物船に実際に載っていたウイスキー「デュワーズ」(提供:バカルディ ジャパン株式会社)など来場者プレゼントが決定!
※数量限定、抽選によるプレゼントです。詳細は公式HPをご確認ください。

描き下ろしイラストを描くギリーズ・マッキノン監督

監督からのメッセージ
「特殊なことは実は普遍的である」。この映画は、全く文化の違う日本の皆さんも共感できるものだと思います。きっと皆さんや周りの人に、登場キャラクターを投影できるはずです。人が互いにどのように関わり合っていくか、人々についてやコミュニティについてを楽しく描いた作品です。作曲家のパトリック・ドイルの音楽が美しく、日本の皆さんに、是非楽しんでいただきたいです。

画像2: © WhiskyGaloreMovieLimited2016

© WhiskyGaloreMovieLimited2016

「ゴルゴ13」劇画家のさいとう・たかをさんや、「BARレモン・ハート」漫画家の古谷三敏さん、「バーテンダー」漫画原作家の城アラキさん、「マッサン」でポスターのヌードモデル役として話題になった女優に柳ゆり菜さんなどウイスキーを愛する著名人から応援コメントも続々と到着しております。

『ウイスキーと2人の花嫁』著名人コメント  <順不同・敬称略>

◆ギスギスとした今の世の中、ストレスを抱えてしまう…そんな人に観てほしい。たちまち気持ちが穏やかに。喜劇?コメディ?ユーモアたっぷりで笑えます。日本では考えられないような、のんびりとした時間がそこには流れている。
ーさいとう・たかを(劇画家)

画像3: © WhiskyGaloreMovieLimited2016

© WhiskyGaloreMovieLimited2016

◆スコッチ大好き漫画家です。だからこの映画のタイトル見ただけで期待は大。好きなシーンが随所にあって、特に好きなのが結婚に反対していた母親が最後にウイスキーを飲むところ。あの表情がスゴイ。「スランジバール」
ー古谷三敏(漫画家/『BARレモン・ハート』)

画像4: © WhiskyGaloreMovieLimited2016

© WhiskyGaloreMovieLimited2016

◆試写が終わったエレベータの中。見知らぬ観客が誰に言うでもなくこうつぶやいた。「ウイスキーが飲みたくなっちゃう」。その場の全員がフッと微笑んだ。渋い名優達が美しい風景の中で飲むウイスキーが最高!
ー城アラキ(漫画原作家/『バーテンダー』)

画像5: © WhiskyGaloreMovieLimited2016

© WhiskyGaloreMovieLimited2016

◆この作品の、映像、音楽、ユーモア全てに酔っ払いました。今夜、一杯どうですか?必ず、そう誰かに声をかけたくなります。娘の旅立ちにウイスキーの深く鋭い味わいが沁みる瞬間、父が流した涙は美しかった。お父さん、今夜一杯どうですか?
ー柳ゆり菜(女優)

画像6: © WhiskyGaloreMovieLimited2016

© WhiskyGaloreMovieLimited2016

◆彼らにとってウイスキーとは、日常であり、喜び、涙であり、人生そのもの。完全な悪者など居なく、ほっこりとした気持ちになりました。
ー豊田エリー(女優・モデル)

画像7: © WhiskyGaloreMovieLimited2016

© WhiskyGaloreMovieLimited2016

◆「ウイスキー」とは単に美味しい飲み物というだけじゃない。ささやかな「幸福」の象徴だ。美味しい「幸福」は、映画のあらゆるところに詰め込まれ、見る者を楽しく酔わせてくれる。
ー中江有里(女優・作家)

画像8: © WhiskyGaloreMovieLimited2016

© WhiskyGaloreMovieLimited2016

◆1949年の原作がイギリスの映画史上伝説のコメディなのに、ぼくはこのリメイクで初めて見ました。戦時中に実際にあった話に基づいているそうですが、完全なフィクションならデキスギと言われるほどおかしい。イギリス特有の自嘲的なユーモアにぜひ触れてもらいたい!
ーピーター・バラカン(ブロードキャスター)

画像9: © WhiskyGaloreMovieLimited2016

© WhiskyGaloreMovieLimited2016

◆戦時下にあっても、スコットランドの人たちにとってウイスキーは「生きる糧」であり、死の床からも復活させる「命の水」なのだ。海と緑に囲まれた島の風景とバグパイプの音色をバックに、いつの間にか私まで、島民と一緒になってウイスキーの隠し場所を探していた。
ー増田ユリヤ(ジャーナリスト)

画像10: © WhiskyGaloreMovieLimited2016

© WhiskyGaloreMovieLimited2016

◆映画を観ていてこれほどウイスキーが飲みたいと思ったことはない。“命の水”に乾杯!
ー土屋守(ウイスキー評論家)

画像11: © WhiskyGaloreMovieLimited2016

© WhiskyGaloreMovieLimited2016

◆人は、人の作った
わけわかんない決まりの中で生きている

でも決まりを気にしすぎたら
自分が心から
大切にしてることも
わけわかんなくなっちゃうよ

欲望に忠実な人バンザイ
是非この映画を見てください

ーのぶみ(絵本作家)

実話を基にした芳醇な大人のコメディ『ウイスキーと2人の花嫁』予告

画像: 実話を基にした芳醇な大人のコメディ『ウイスキーと2人の花嫁』予告 youtu.be

実話を基にした芳醇な大人のコメディ『ウイスキーと2人の花嫁』予告

youtu.be

【STORY】
NYへ向かうはずの5万ケースものウイスキーの運命とは――
思いがけない落とし物が奏でる”結婚狂騒曲”!
戦況悪化の為、ついにトディー島へのウイスキーの配給が止まってしまい、島民たちは無気力に陥っていた。島の郵便局長ジョセフ(グレゴール・フィッシャー)の長女ペギー(ナオミ・バトリック)と次女カトリーナ(エリー・ケンドリック)はそれぞれの恋人との結婚を望んでいたが、周囲から「ウイスキー無しじゃ結婚式はムリ!」と猛反対され困った状況に…。そんな時、輸出用に大量のお酒を積んだニューヨーク行きの貨物船が島の近くで座礁。沈没寸前の船内には、なんと5万ケースものウイスキーが積まれていた!「これはきっと神様からの贈り物に違いない!」島民たちは禁制品のウイスキーを秘かに“救出”しようとするが・・・。

監督:ギリーズ・マッキノン『グッバイ・モロッコ』
脚本:ピーター・マクドゥガル
出演:グレゴール・フィッシャー『ラブ・アクチュアリー』、ナオミ・バトリック「ランズエンド -闇の孤島-」、エリー・ケンドリック『17歳の肖像』、エディ・イザード『ワルキューレ』、ショーン・ビガースタッフ『ハリー・ポッター』シリーズ、ケヴィン・ガスリー『サンシャイン/歌声が響く街』、ジェームズ・コスモ『T2 トレインスポッティング』
原作:コンプトン・マッケンジー「Whisky Galore」 (1947)
<原題:WHISKY GALORE!/2016年/イギリス/英語/98分/ビスタ/字幕翻訳:安本熙生>
配給:シンカ 
© WhiskyGaloreMovieLimited2016

2月17日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町・新宿武蔵野館ほか全国公開!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.