「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15~28日/ハードコート)の男子シングルス4回戦で、第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第24シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を6-3 6-7(4) 6-3 6-3で倒し、ベスト8に進出した。試合時間は3時間51分。

 全豪に5年連続13回目の出場となる31歳のナダルは、2009年にタイトルを獲得。昨年の大会では4度目の決勝進出を果たし、ロジャー・フェデラー(スイス)に4-6 6-3 1-6 6-3 3-6で敗れていた。ナダルは準々決勝に進んだことで、大会終了後に更新される世界ランクで1位の座をキープすることが確定した。

 この結果でナダルは、シュワルツマンとの対戦成績を4勝0敗とした。昨年は4月にモンテカルロ(ATP1000/クレーコート)の準々決勝で対戦し、ナダルが6-4 6-4で勝っていた。

 今大会でのナダルは、1回戦でビクトル・エストレーリャ ブルゴス(ドミニカ共和国)を6-1 6-1 6-1で、2回戦でレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)を6-3 6-4 7-6(4)で、3回戦では第28シードのダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)を6-1 6-3 6-1で破って16強入りを決めていた。

 ナダルは準々決勝で、第6シードのマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。チリッチは4回戦で、第10シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)を6-7(2) 6-3 7-6(0) 7-6(3)で下しての勝ち上がり。

※写真は第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 21: Rafael Nadal of Spain plays a backhand in his fourth round match against Diego Schwartzman of Argentina on day seven of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 21, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.