「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15~28日/ハードコート)の女子シングルス4回戦で、第4シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)が予選勝者のデニサ・アレルトバ(チェコ)を6-3 6-0で退け、グランドスラムで3度目のベスト8進出を決めた。試合時間は57分。

 全豪に5年連続出場となるスビトリーナは、過去3度(2014年、15年、17年)の3回戦進出がこれまでの最高成績だった。昨年は3回戦で、アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)に5-7 6-4 3-6で敗れていた。今季開幕戦のひとつとなるブリスベン(WTAプレミア/ハードコート)ではキャリア通算10度目のWTAツアー優勝を果たし、今大会を迎えている。

 この結果でスビトリーナは、ジュニア時代を含めて3度目の対戦でアレルトバから初勝利を挙げた。ツアーでは2016年2月にドーハ(WTAプレミア5/ハードコート)の1回戦で対戦し、アレルトバが7-5 6-4で勝っていた。

 今大会でのスビトリーナは、1回戦で予選勝者のイバナ・ヨロビッチ(セルビア)を6-3 6-2で、2回戦でカテリーナ・シニアコバ(チェコ)を4-6 6-2 6-1で、3回戦では15歳のマルタ・コスチュク(ウクライナ)を6-2 6-2で破って16強入りを決めていた。

 スビトリーナは準々決勝で、エリース・メルテンス(ベルギー)と対戦する。メルテンスは4回戦で、ペトラ・マルティッチ(クロアチア)を7-6(5) 7-5で下しての勝ち上がり。

※写真は第4シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 21: Elina Svitolina of Ukraine celebrates match point against Denisa Allertova of the Czech Republic on day seven of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 21, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Michael Dodge/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.