スクリーンの中だけでなくプライベートでも素敵なメイクをしているハリウッド女優たち。『彼女たちの真似をしてみたい!でもどうすればいいの?』という読者からの声にお応えして、売れっ子メイクアップ・アーチストのイマムさんによる指南でセレブ・メイク術をレクチャーしちゃう、実践講座をお届けします!

リリー・ローズ・デップになってみよう!

画像: 1999年5月27日フランス、パリ生まれ。 父はあのジョニー・デップ、母もフランスの人気歌手&女優のヴァネッサ・パラディという両親の元に生まれたサラブレッド。2015年シャネルのモデルとしてデビュー。女優としてはその前年、友人ハーレー・クイン・スミスの父ケヴィン・スミスの監督作「Mr.タスク」の脇役で出演していたが、同作の続編的作品「コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団」(16)で初主演。さらに「ザ・ダンサー」「プラネタリウム」(いずれも16)とぐんぐん売れっ子になってきた。 Photo by Getty Images

1999年5月27日フランス、パリ生まれ。
父はあのジョニー・デップ、母もフランスの人気歌手&女優のヴァネッサ・パラディという両親の元に生まれたサラブレッド。2015年シャネルのモデルとしてデビュー。女優としてはその前年、友人ハーレー・クイン・スミスの父ケヴィン・スミスの監督作「Mr.タスク」の脇役で出演していたが、同作の続編的作品「コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団」(16)で初主演。さらに「ザ・ダンサー」「プラネタリウム」(いずれも16)とぐんぐん売れっ子になってきた。
Photo by Getty Images

リリー・ローズのメイク・ポイントはどこ?

華やかな印象を持つリリー・ローズはアイメイクがポイント。彫りの深い彼女の目元に近づけるために、引き締め効果のあるシェーディングカラーを毛の生え際にいれて小顔にすると効果的!

「コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団」(Yoga Hosers / BD、DVDリリース中)

やる気のないコンビニ女子店員コリーンを若々しい感性で演じるリリー・ローズ。彼女と友人が店の地下に眠っていた邪悪な(でも小っちゃい)ミニナチ軍団と戦う奇想天外なストーリー。パパのジョニーも怪しい私立探偵役で登場し、おかしな親子共演が見もの。

「プラネタリウム」(Planetarium / 全国順次公開中)

あのナタリー・ポートマンに指名され、彼女と本作で姉妹役を演じる大役を担ったリリー・ローズ。死者の魂を呼び寄せるほど強い霊感を持つ妹を演じ、姉と降霊術のツアーを行なっていたパリで、大物映画製作者と出会ったことから始まるミステリアスな物語。

リリー・ローズのメイクにトライ!

画像: before

before

使用したメイクアイテムはこちら!(使用順)

・すべて税抜価格
お問い合わせ先:レブロン株式会社 TEL 0120-803-117

1.まずシェーディングカラー(A)を毛の生え際につけてなじませ、化粧下地(B)を顔の中心に塗ります。そしてリキッドファンデーション(C)を顔全体に塗り、自然な肌色のパウダー(D)をつけてベースメイクが完成。

2.アイブロウパウダー(E)の濃い茶色と薄い茶色を混ぜながらチップを使って眉毛を書き、更にペンシル(F)を使って太くしっかりとしたラインを作ります。

3.アイホール全体にブラシを使ってクリームアイシャドウ(G)をのせ、細めのアイライナー(I)で目頭から目尻に向かってラインをひきます。このあと目尻から少し跳ね上げるように再度ラインをひき、アイシャドウのブラウン系(H)をアイホール全体に塗ります。

4.先ほどひいたアイラインの上に多機能アイライナー(J)を塗ります。

5.マスカラ(K)をつけてチーク(L)をほんのりとのせ、プラムピンク系のリップ(M)を塗ったら完成。

ポイント:ここに気をつけて!

1.下地は顔の中心を指で軽く伸ばしながら

画像: 1.下地は顔の中心を指で軽く伸ばしながら

シェーディングカラーは毛の生え際など顔の輪郭に沿うように手で叩きこみながらなじませ、化粧下地は顔の中心を指で軽く伸ばしながらつけていきましょう。

2.ツヤやかな目元を作る方法

画像: 2.ツヤやかな目元を作る方法

瞼の上全体にソフトブラウンのクリームアイシャドウをのせ、そのあと目頭から目尻に向かってまぶたの1/3程度ヌーディベージュのクリームアイシャドウを塗るとツヤやかな目元になります。

3.シャープな目元にするために

画像: 3.シャープな目元にするために

多機能アイライナーはまつげの間を埋めるようにそっと塗り、ブラシでぼかして馴染ませるのがポイント。目尻を少し上げ気味に長く引くとキリリとします。

仕上がりはこちら

画像: After

After

ヘアメイク=イマム(manis manisu) モデル=城川もね 撮影=大西基 取材・文=奥村百恵

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.