スタート前の朝の練習場やティーグラウンド横で、ストレッチをして体を伸ばしている人は多い。しかし、ストレッチをしたくらいでは、朝のスタート時にはまだ体がよく動かない、と感じている人も意外と多いのではないだろうか。そんな人は、美人女子プロ荒井舞プロがスタート前にやっている、トレーニング要素の入った動的ストレッチを試してみてはいかがだろうか。

スタート前に「70%」くらいまで暖めるのがポイント

「私も昔は、出だしのホールで思うようなプレーができないことが多かったんです。でも、“動的ストレッチ”を取り入れてからは、スタート前にいいコンディションを持ってこられるようになり、朝イチでも “ちゃんと体が動いているぞ”と思えることが増えたんです」(荒井プロ)

荒井プロが取り入れている「動的ストレッチ」とは、ただ体をほぐす・伸ばすだけでなく、軽めのトレーニング的な動きのなかでストレッチを行うことで、ランニングなどをしなくとも大きなウォーミングアップ効果を得られるというもの。体温と心拍数も上がるため、ゴルフ前にはうってつけだ。

とくに、肩甲骨周りやお尻の筋肉をスタート前にしっかりとほぐしておくことができれば、朝のパフォーマンスは格段にアップする。では、実際に教えてもらおう。

ひとつめの「動的ストレッチ」は、下記のようなもの。

1:直立した姿勢から片足を大きく前に踏み出し、足首、ひざ、お尻周りを伸ばす
2:胸を開くようにして前に出した足と同じ側の腕を高く上げ、肩や胸周りを伸ばす
3:「1」の状態に戻る
4:前に出した足のひざを伸ばしながらつま先を上げ、後ろの足のかかとを地面につけるイメージで太ももの裏などを伸ばす
5:脚を戻して上体を立てる
6:後ろ足で蹴り上げて前に出した足側に立ち上がる

画像: 1回やってみただけで体があたたまる

1回やってみただけで体があたたまる

荒井プロは練習前に、これを左右交互に5セットずつ計10セット行うという。

「1セットやるだけで、うっすら汗ばんでくるくらい強度は高いですが、それだけ体も暖まりますし、お尻や太もも、肩甲骨周りがしっかり伸ばせて、最高のウォーミングアップになります。まずは回数も少しずつからでいいので、試してみてください」(荒井プロ)

「しゃがんでバンザイスクワット」も効果的

荒井プロがやっている2つめの「動的ストレッチ」は下記のようなもの。

1:スタンスを肩幅よりも広めにしてしゃがみ、両腕をひざの間に入れる
2:上体をひねりながら、腕を外回ししつつ高く上げる動きを左右それぞれ行う
3:上体を立ててバンザイするように両腕を上げる
4:バンザイしたまま立ち上がる

画像: 簡単そうにやっているが実際にやるとかなりキツイ

簡単そうにやっているが実際にやるとかなりキツイ

荒井プロは、上のストレッチと合わせて、これも10セット行っているという。

「スクワット的な動きもあって、下半身もしっかりあたたまります。スタート前だけでなく、普段から家などで少しずつやると、筋力アップもできますから、飛距離アップも期待できますよ」(荒井プロ)

どちらも実際にやってみるとかなりキツい動きだが、ウォーミングアップ効果は抜群。「朝イチティショットはどうしてもうまくいかない」という人は、まずは1セットでも、試してみてはいかがだろうか。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.