バンカーはアマチュアゴルファーが大叩きする鬼門のひとつ。プロたちはいとも簡単に脱出するのに、なんでアマチュアは出すだけさえままならないのだろう? 女子プロに聞いてみた!

「バンカーが苦手というひとは、バンカーに入ると急に変な構えをしたり、力みすぎてミスをしているように思います。もっと普通に打てばいいと思うんですよね」

そう話すのはツアー優勝経験者でもある甲田良美プロ。たしかに、言われてみると、バンカーではワイドスタンスで、ターゲットの左を向いて、左足体重で、軌道は鋭角で、フォローは……と、普段のスウィングとかけ離れたことをしているような気もする。

「プロがピンにぴったり寄せようと思ったら、いろいろ工夫する必要があります。でも、ただ出すだけだったら、ボール位置を普段より低めにして少し重心を落とすといったように、ちょっとだけ構えに工夫するくらいで十分なんですよ」(甲田)

画像: 手がひざに届くくらい重心を下げたら(写真左)、大振りせず小さめのトップで振ろう(写真右)

手がひざに届くくらい重心を下げたら(写真左)、大振りせず小さめのトップで振ろう(写真右)

そして、甲田プロによれば、構えに一工夫するだけで、スウィングは「普通でいい」という。出せる構えを作ったら、むしろ余計なことをしないほうが脱出は簡単になるという。

そう言って甲田プロはバンカーに降り立つと、右手一本でいとも簡単にボールを脱出させる離れ業を見せてくれた。力みはゼロ。ボールの手前にヘッドをポーンと落とすだけで、呆れるくらい簡単にボールが飛んでいく。

画像: これぞプロ技。思い切り振るのではなく、ボールの手前にヘッドを落とせばボールは出る!

これぞプロ技。思い切り振るのではなく、ボールの手前にヘッドを落とせばボールは出る!

「力なんて要らないんです。必要以上に打ち込んだり、大振りするからミスになっちゃうんです。構えを工夫、あとは普通。それが大切なんですよ!」(甲田)

ちなみにこの右手1本でのバンカーショットは練習にも最適とのこと。“力の要らないバンカーショット”を身につけるには一番なので、コースにバンカー練習場があったら、周囲の状況に注意しつつ、試してみよう。

(ボギー2014年8月号より)

写真/姉崎正

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.