シモナ・ハレプ(ルーマニア)はオーストラリアン・オープンで被った足首の故障のため、今週末の世界国別対抗戦、フェドカップ・ワールドグループ2部1回戦「カナダ対ルーマニア」に出場できないと言っている。

 ハレプは自身のフェイスブックに、「先週を休息に充て、オーストラリアン・オープンの故障から回復するよう努めたが、不運なことに十分なだけ迅速に回復しなかった」と書いた。

 しかしながら、2月19日から始まる「ドバイ・デューティーフリー・テニス選手権」(WTAプレミア/アラブ首長国連邦・ドバイ)の主催者は水曜日に、彼女は大会に出場する、と言っている。

 ハレプは先月のメルボルンで、足首をひねりながらも2つの長い試合を戦い抜いて決勝に至り、そこでカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)に敗れるという厳しい時間を過ごした。彼女がグランドスラム大会で準優勝に終わったのは、これが3度目だった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はオーストラリアン・オープン決勝の試合中に治療を受けるシモナ・ハレプ(ルーマニア)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 27: Simona Halep of Romania takes a medical timeout between games in her women's singles final against Caroline Wozniacki of Denmark on day 13 of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 27, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.