ギレルモ・デル・トロ監督が世界中の名作・傑作映画の高品質DVD&BDを発売するアメリカの会社クライテリオンのwebサイトで見るべき映画としてあげたリスト11本が紹介されました。

映画愛の強くシネフィルとしても知られるギレルモ・デル・トロ監督。
さて、選んだのはこの11本です!
各作品への短いコメントも--
最後にあげた作品は人生を変えた作品とか〜

『美女と野獣』ジャン・コクトー監督(1946)

”これまでに作られた最も魔法の映画のひとつ、「おとぎ話」が崇高で洗練され、フロイトに本当に恋している映画”

画像: La Belle et la bête (1946) - Trailer youtu.be

La Belle et la bête (1946) - Trailer

youtu.be

『ブラッド・シンプル』ジョエル&イーサン・コーエン監督(1984年)

”『ブラッド・シンプル』には、コーエン兄弟が自分のキャリアを通して語りかけたーすべてではないにしても、ほとんどが含まれています。 。 。 それは完璧な最初の映画です。”

画像: BLOOD SIMPLE - Official Trailer - From Joel and Ethan Coen youtu.be

BLOOD SIMPLE - Official Trailer - From Joel and Ethan Coen

youtu.be

『カノア』フェリペ・カザルス監督(1976)

”フェリペ・カザルスの『カノア』はメキシコの映画を変えた世代の映画。 。 。 脚本はこれまでに書かれた最も鮮やかものの一つです”

画像: Guillermo del Toro on CANOA: A SHAMEFUL MEMORY youtu.be

Guillermo del Toro on CANOA: A SHAMEFUL MEMORY

youtu.be

『顔のない眼』ジョルジュ・フランジュ (1960)

"主人公はオードリー・ヘップバーンのようです。 美と残忍さとのコントラストで私は多くの影響を受けました”

画像1: Les Yeux Sans Visage (Eyes Without A Face) TRAILER vimeo.com

Les Yeux Sans Visage (Eyes Without A Face) TRAILER

vimeo.com

『吸血鬼』カール・テオドア・ドライヤー監督 (1932)

"カメラが映画の中で、目撃者以上のものであり、物語の中に積極的に参加している、深く映画的な作品です。

画像: Vampyr (1932) Trailer youtu.be

Vampyr (1932) Trailer

youtu.be

『知りすぎていた男 』アルフレッド・ヒッチコック監督 (1934)

画像: The Man Who Knew Too Much Original Theatrical Trailer youtu.be

The Man Who Knew Too Much Original Theatrical Trailer

youtu.be

『牝犬』ジャン・ルノワール監督 (1931)

”ルノワールは何よりも人道主義者であり、誰も裁かない。 彼の映画には、人類に向けてすべての大きな善意があります。”

画像: La chienne youtu.be

La chienne

youtu.be

『ビリディアナ』ルイス・ブニュエル監督(1961)

"『ビリディアナ』はブニュエルがスペインの映画監督としてのアイデンティティを再認識し、彼がヨーロッパの威信を取り戻すことを可能にした作品です。後に世界のあらゆる場所で映画を撮ることができます。彼がそれを最も必要としていた作品だったと私は信じています。”

画像: Viridiana - Luis Buñuel (1961) youtu.be

Viridiana - Luis Buñuel (1961)

youtu.be

『怪談』小林正樹監督(1965)

"それは信じられないほど怖く、信じられないほど美しいと同時に、同等の情熱を持って愛と死について語る、おとぎ話です。"

画像: Kwaidan: As Quatro Faces do Medo (1965) youtu.be

Kwaidan: As Quatro Faces do Medo (1965)

youtu.be

『バンデットQ 』テリー・ギリアム監督 (1981)

” 信じられないほどのユーモア、信じられないほどの残酷さ、そして私にとって子供の映画がどんなものであるべきかを具体化し創造性に対する飽くなき欲求があります。”

画像: 《予告編》 バンデットQ youtu.be

《予告編》 バンデットQ

youtu.be

『ミツバチのささやき』ビクトル・エリセ監督 (1973)

”『ミツバチのささやき』は私の人生を変えた映画です。 私が人生で何をしても、2つの映像が私自身に投げかけられます。一つはジェイムズ・ホエール監督の『フランケンシュタイン』、もう一つはビクトル・エリセ監督の『ミツバチのささやき』の精神であり、どちらも同じです。 "

画像: 『ミツバチのささやき』 予告編 youtu.be

『ミツバチのささやき』 予告編

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.