毎年、必ずと言って良いほどハリウッドに何かの形で登場するキャサリン・ゼタ=ジョーンズです。
主演作がなくともゲスト出演があればインタビューを設け、今年は1月のゴールデングローブ授賞式に義父のカーク・ダグラスが功労賞を受賞した際に彼の車椅子を押して、スケスケの黒いドレスで華やかに舞台に出てきました。

成田 陽子(なりた・ようこ)
ロサンジェルス在住。ハリウッドのスターたちをインタビューし続けて37 年。これまで数知れないセレブと直に会ってきたベテラン映画ジャーナリスト。SCREEN誌特別通信員としてハリウッド外国人映画記者協会に在籍。

そして、今度はテレビ映画の主演作、タイトルも彼女らしい「コカイン・ゴッドマザー:原題」(2018)!

毎度のことながら、インタビューにグラマラスなドレスで、メークも髪も完璧にして現れる努力に感動します。気張ってきたのじゃないのよ!とわざとジーンズにTシャツなどで現れる女優が増えた今、ハリウッドの豪華なスターのイメージを維持しているスタンスは貴重です。

先日ヒュー・グラントも「往年のハリウッドの燕尾服やタキシード、女性のきらびやかなロングドレスを復活するべき」
と提唱していましたし。

「コカイン。。」はコロンビアの悪名高い実在のドラッグ女王、取引の邪魔をした人間を200人抹殺したというパワフルな女性をキャサリンが熱演。あまりメークをせず、老けた素顔を見せて、頑張っています。

グリセルダ・ブランコ Griselda Blanco(1943−2012)は「ブラック・ウィドウ」と呼ばれて恐れられ、これまでにも数回映画化の話があって、ベテラン女優がいかにも欲するタイプ悪女でした。

ハリウッドデビュー当時の「マスク・オブ・ゾロ」(1998)のキャサリンを見ると、その妖艶な美しさに改めてため息が出ます。

その上にロンドンの舞台で磨いたダンスと歌の基礎があって、フェンシングなどの動きもしなやか、何度も繰り返しますがとびきりセクシーでした。

1969年9月25日、英国はウェールズのスワンシー生まれ、11歳から舞台に立っていたという生粋のパーフォーマー、マイケル・ダグラスとはお誕生日が同じ日(1944年生まれ)で、2000年に結婚。1男1女を設け、「シカゴ」(2002)でオスカー助演賞受賞、英国からは2010年にCBE(デイムの位の一つ前)勲章を受賞しています。

すでに10数回インタビューしていますが、ほとんどのツーショットはいづこへ?数枚載せてみますが、往年のハリウッドをなぞっているキャサリンのグラマーなスタイルがお分かり頂けるはず。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.