アメリカ・ニューヨークで開催されている「ニューヨーク・オープン」(ATP250/2月12~18日/賞金総額74万8450ドル/室内ハードコート)のシングルス1回戦で、日本の錦織圭(日清食品)がノア・ルビン(アメリカ)を7-5 6-3で倒し、ATPツアーに勝利の帰還を果たした。

 第5シードの錦織は右手首の故障のため、昨シーズン後半と今年初めの大会に出場することができず、昨年8月のモントリオール以来、ツアーでプレーしていなかった。2017年初めに5位だった世界ランキングを27位にまで落とした錦織。ごく最近になり2つのチャレンジャー大会でプレーした。そのうち2大会目のダラス・チャレンジャーで優勝し、「それはテニス面での自信という意味で、大きな助けとなった」とコメントしていた。

 またこの日の試合に関しては、「彼は非常にいいスタートを切り、第1セットでは僕より幾分いいプレーをしていたと思う。第2セットで僕は少しプレーレベルを上げ、よりアグレッシブにプレーできた」と振り返った。

 今年からここニューヨークのロングアイランドに場所を移した「メンフィス・オープン」で、4度に渡って優勝していた錦織。次の2回戦では、エフゲニー・ドンスコイ(ロシア)と対戦する。ドンスコイはビクトル・エストレーリャ ブルゴス(ドミニカ共和国)を7-5 6-1で破って勝ち上がった。

 この日最後の試合でエルネスト・エスコビード(アメリカ)は、2時間近い戦いの末、同胞のマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)に4-6 6-3 7-6(5)で逆転勝ちした。彼は次に第1シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。全米準優勝者のアンダーソンは1回戦がBYE(免除)で2回戦が初戦となる。

 第7シードのスティーブ・ジョンソン(アメリカ)はアドリアン・メネンデス マチェラス(スペイン)に6-1 3-6 6-7(7)で逆転負けした。ジェレミー・シャルディ(フランス)はテファノ・トラバグリア(イタリア)に4-6 7-6(1) 6-4で辛勝。ミカエル・ユーズニー(ロシア)はマシュー・エブデン(オーストラリア)に3-6 6-3 6-4で競り勝った。ラドゥ・アルボット(モルドバ)はビヨン・フラタンジェロ(アメリカ)を6-4 6-3で下し、ペーター・ゴヨブチック(ドイツ)はブラズ・カブチッチ(スロベニア)を6-4 6-2で退けた。(C)AP(テニスマガジン)(協力◎ATPツアー)

※写真は錦織圭(日清食品)、1月のダラスで撮影
DALLAS, TX - JANUARY 29: Kei Nishikori (JPN) prepares to return serve during the RBC Tennis Championships of Dallas on January 29, 2018 at the T Bar M Racquet Club in Dallas, Texas. (Photo by George Walker/Icon Sportswire via Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.