「カタール・トータル・オープン」(WTAプレミア5/カタール・ドーハ/2月12~18日/賞金総額319万8000ドル/ハードコート)のダブルス2回戦で、加藤未唯(佐川印刷)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)が第2シードのチャン・ラティーシャ(台湾)/アンドレア・セスティニ フラバチコバ(チェコ)を6-1 6-3で破る金星を挙げ、ベスト8進出を果たした。試合時間は1時間。

 二宮と加藤のコンビは今大会が2度目のWTAツアー出場。1回戦ではワイルドカード(主催者推薦枠)のファトマ・アル ナバニ(オマーン)/ジェシー・ ロンピス(インドネシア)を6-4 6-0で破り、初のマッチ勝利を挙げていた。

 ふたりは前週のフェドカップ・アジア・オセアニアグループ1部(インド・ニューデリー/ハードコート)に出場し、ダブルス4試合に全勝して日本を3年ぶりの優勝に導いていた。

 加藤/二宮は準々決勝で、バーボラ・クレイチコバ/カテリーナ・シニアコバ(ともにチェコ)か、ラケル・アトワー(アメリカ)/アンナ レナ・グロエネフェルト(ドイツ)とエリース・メルテンス(ベルギー)/デミ・シヒュース(オランダ)の勝者と対戦する。

※写真は昨年の東レPPOでの二宮真琴(橋本総業ホールディングス)
撮影◎矢野寿明/テニスマガジン

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.