ラジオから聞こえる「おはよう」が、 今日も街に復興の息吹を届けるー

ISとの戦闘で瓦礫と化したシリア北部の街で、
大学生のディロバンは手作りのラジオ局をはじめる

トルコとの国境に近いシリア北部のクルド人街コバニは、2014 年 9 月から過激派組織「イスラム国」(IS)の占領下となるも、クルド人民防衛隊(YPG)による激しい迎撃と連合軍の空爆支援により、2015 年 1 月に解放された。人々はコバニに戻って来たが、 数カ月にわたる戦闘で街の大半が瓦礫と化してしまった。

そんな中、20 歳の大学生ディロバンは、友人とラジオ局を立ち上げ、ラジオ番組「おはようコバニ」の放送をはじめる。
生き残った人々や、戦士、詩人などの声を届ける彼女の番組は、街を再建して未来を築こうとする人々に希望と連帯感をもたらす。

画像1: ISとの戦闘で瓦礫と化したシリア北部の街で、 大学生のディロバンは手作りのラジオ局をはじめる

監督は、自身もクルド人のラベー・ドスキー。
地雷や戦車を越えコバニに赴き戦地での撮影を敢行、クルド人兵士による IS 兵士の尋問にも立ち会った。本作を、戦死したクルド人兵士の姉に捧げている。
深く傷ついてきた人々へ希望を与えるドキュメンタリー。

画像2: ISとの戦闘で瓦礫と化したシリア北部の街で、 大学生のディロバンは手作りのラジオ局をはじめる
画像3: ISとの戦闘で瓦礫と化したシリア北部の街で、 大学生のディロバンは手作りのラジオ局をはじめる
画像4: ISとの戦闘で瓦礫と化したシリア北部の街で、 大学生のディロバンは手作りのラジオ局をはじめる
画像5: ISとの戦闘で瓦礫と化したシリア北部の街で、 大学生のディロバンは手作りのラジオ局をはじめる

深く傷ついてきた人々へ希望を与えるドキュメンタリー
未来を築くために立ち上がった、控えめだが力強い人たちの姿を描いている。―Backseat Mafia

2017年 コペンハーゲン国際 ドキュメンタリー映画祭(CPH:DOX) F:ACT賞受賞
2016年 アムステルダム国際 ドキュメンタリー映画祭(IDFA) オランダ・ドキュメンタリー部門 サウンド&ヴィジョン賞受賞
2017年 マドリード・ドキュメンタリー映画祭 観客賞受賞
2017年 イスマイリア国際ドキュメンタリー映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞受賞
2017年 ティラナ国際映画祭 ドキュメンタリー部門 最優秀長編ヨーロッパ作品賞受賞
2017年 イスタンブール・ドキュメンタリー・デイズ 国際批評家連盟賞受賞
2017年 ドホーク国際映画祭 クルド・ドキュメンタリー部門 最優秀作品賞受賞
2017年 ベルゲン国際映画祭 チェックポインツ・コンペティション部門 最優秀作品賞受賞
2017年 オランダ映画祭 長編ドキュメンタリー部門ノミネート
2017年 フロントドック国際ドキュメンタリー映画祭 観客賞受賞
2017年 カメライメージ映画祭 ドキュメンタリー部門 最優秀作品賞受賞

戦争の傷跡、復興、希望と愛について
苦しみながらも親密に描かれた物語だ。―Baltic Sea Docs

画像: 戦争の傷跡、復興、希望と愛について 苦しみながらも親密に描かれた物語だ。―Baltic Sea Docs

監督・脚本:ラベー・ドスキー
(2016 年/オランダ/69 分/クルド語/2.39:1/カラー/ステレオ/DCP)
配給:アップリンク
字幕翻訳:額賀深雪 字幕監修:ワッカス・チョーラク

5 月 12 日(土)より、アップリンク渋谷、ポレポレ東中野ほか全国順次公開

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.