アメリカ・ニューヨークで行われている「ニューヨーク・オープン」(ATP250/2月12~18日/賞金総額74万8450ドル/室内ハードコート)のシングルス2回戦で、第3シードのジョン・イズナー(アメリカ)がラドゥ・アルボット(モルドバ)に6-7(5) 6-3 3-6で敗れるという番狂わせが起きた。

 わずか1本しかサービスエースを決めなかったアルボットに対し、イズナーは28本を叩き込んだが、世界ランク91位のアルボットは第3セットでブレークに成功し、そこから自分のサービスをすべてキープして、2時間余りの戦いのあとにイズナーを大会からはじき出した。

 1回戦がBYE(免除)のイズナーは、この2回戦が初戦だった。彼はオーストラリアン・オープンを含め、今季プレーした3大会のすべてで初戦負けを喫している。

 アルボットは次の準々決勝で、第5シードの錦織圭(日清食品)と対戦する。錦織は同日、エフゲニー・ドンスコイ(ロシア)を6-2 6-4で倒した。今大会がテネシー州メンフィスで行われていたときに4度優勝を遂げている錦織は、現在は右手首の故障から回復し、昨年8月以来となるATPツアーの大会をプレーしているところだ。

 第4シードのアドリアン・マナリノ(フランス)はペーター・ゴヨブチック(ドイツ)が故障のため途中棄権を余儀なくされたとき、6-7(5) 7-5 4-1でリードしていた。予選勝者のアドリアン・メネンデス マチェラス(スペイン)はジェレミー・シャルディ(フランス)を7-5 7-6(5)で下した。

 第1シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)と第2シードのサム・クエリー(アメリカ)は、初戦の2回戦を木曜日にプレーする予定となっている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は初戦敗退のジョン・イズナー(アメリカ)
UNIONDALE, NY - FEBRUARY 14: John Isner of the United States during his New York Open Match on February 14, 2018, at NYCB Live in Uniondale, NY. (Photo by Rich Graessle/Icon Sportswire via Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.