一足は持っておきたい、人気のエンジニアタイプが登場

皆さま、こんにちは。ライターの齋藤ハルコです。
今回は、最近私が愛用している、デイトナの新製品ブーツを紹介させていただきます。

ライダーの超定番アイテムのエンジニアブーツですが、私も普段バイクに乗る時はもっぱらエンジニアばかり。運転時の快適性はもちろん、ファッションアイテムとしてもカワイイところが気に入っています(本来ならエンジニアブーツとバイカーブーツの呼び分けをするべきなのでしょうが、私は便利なのと伝わりやすいのでエンジニアブーツで統一しちゃってます)。

新しく登場したデイトナのブーツは、見た目はベーシックなミドル丈のエンジニアタイプ。ですが、
お値段が驚きの、税抜き価格で1万5000円なんです!

画像: 税込でも1万6200円! 牛革を使ってこのお値段は、かなりお買い得だと思います。

税込でも1万6200円! 牛革を使ってこのお値段は、かなりお買い得だと思います。

個人的に、エンジニアブーツのかわいさは、つま先部分の丸みと、前上がりなつま先の角度で決まると思っています。でもファッション性のみで選ぶと、つま先が厚すぎてシフトペダルの下に入らないとか、前上がりが激しすぎてシフト操作がしにくいとか、バイクには不向きな事も多い。
それから、私はバイクに乗る時は、シフトチェンジの感触がちゃんと伝わってくる靴じゃないとイヤなのですが、通常のファッションブランドのものだと、その感触が伝わってくるバイク向きの靴か、そうじゃないのかは、実際に乗るまでわかりません。買ってから、乗るまでが結構ドキドキです。

その点、バイク用である事が前提のデイトナのブーツなら、そんな心配も不要。それでいて、ちゃんとエンジニアらしいかわいさがあるのが素敵です。

画像: シフト操作がしやすいように、つま先の丸みとヒールは程よい厚みとなっています。

シフト操作がしやすいように、つま先の丸みとヒールは程よい厚みとなっています。

内側サイドファスナーが付いているので、脱ぎ履きがしやすいですし、バイクを傷つけるような事がないように、ファスナーカバーが付いているから安心。このカバーのおかげで、履いた時の印象もシンプル&スマートですよね(ただし、自分の靴でもう片方の靴のカカトを踏んで脱ぐような、横着な脱ぎ方はできません(笑))

画像: 一足は持っておきたい、人気のエンジニアタイプが登場

それでいて、さりげなくインナーのくるぶし部分にはクッションパッドを装備し、さらに見た目ではわかりませんが、外皮の内側にシフトパッドが備わっているなど、しっかりライディング仕様となっているのが有り難い。

画像: 写真だとちょっと見づらいのですが、車体に当たりやすいくるぶし部分にクッションパッドがついています。

写真だとちょっと見づらいのですが、車体に当たりやすいくるぶし部分にクッションパッドがついています。

画像: ステップに足を置いた時の安定感が増すように、ソールの土踏まず部分に滑り止めも付いています。

ステップに足を置いた時の安定感が増すように、ソールの土踏まず部分に滑り止めも付いています。

また、私が実際に使用して1番驚いたのは、履き心地の柔らかさ! もともとワークブーツであるエンジニアブーツは、タフなつくりが身上で、自分の足と馴染むまでにかなりの時間がかかります。私も、バイク用にと買った、ある老舗アメリカンブランドのブーツの革が大変に強情な硬さでして、いままで何回スネに擦り傷を作ったことか…。もちろん、それだけの苦労を経て、馴染んだ時の履き心地はバッチリになるわけですが、最初から履きやすい方がラクチンに決まっています。
あと、ソールも柔らかめなのかな?  歩いた時のクッション性が高い気がします。これまで、自分の持つエンジニアブーツの重さと硬さに慣れていた分、いちばん最初に履いた時は「なんか歩くときにフワフワする〜」と、ちょっと不思議な気持ちでした(笑)。

しかも、軽いんですよ! つま先に鉄板やら何やら入ってる本来のエンジニアブーツって、かなり重いじゃないですか。
バイクに乗る分にはいいけど、ツーリング先だとバイクを降りて歩く時間もそれなりにあるので、その重さがジワジワ疲れるんですよね。でもデイトナのブーツは軽いからノーストレス! ガシガシ歩くのも苦になりません。これなら、見晴らしの良い観光地で遭遇しがちな、長〜い階段も怖くない。

そんなわけで、ワタクシ現在、バイクに乗る時の靴はほぼ100%、このデイトナブーツでございます。

最後になりましたが、写真の手は梅本まどかちゃんなのに(タレントさんに図々しく私物撮影のお手伝いを頼む私…)、書いてるのは齋藤ハルコという、若干だまし討ちみたいな記事構成ですみません(笑)。
種を明かせば理由は簡単で、このエンジニアブーツのサイズ展開が25.0〜28.0cm。残念ながら、梅ちゃんの足に合うサイズではなかったのです。梅ちゃん本人も「カワイイ!」と気に入っていて、履きたがっていたんですけどねぇ…。

しかし、そういう私も本来の足のサイズは24.0〜24.5cm。25.0cmだと若干ゆるめですが、ブーツの場合は脱げてしまうことは、まずないですし、歩く時はわずかにゆるいものの、運転操作に問題を感じたことは今のところありません。冬場は分厚い靴下を履くことも多いし、むしろメリットすらあるかもしれない。
ですが、ジャストサイズで履きたいって方もきっと多いですよね。

ということでデイトナさん、せっかくのブーツなんですから、レディースサイズも出してくださいな〜!!
と、自分の願望を丸出しにしたところで、今回のインプレはここまでとさせていただきます。

(写真:南孝幸 着用モデル:梅本まどか)

商品詳細&SPEC

HBS-004 エンジニアブーツ ブラック

税込価格:1万6200円
サイズ:25.0/25.5/26.0/26.5/27.0/28.0(cm)
素材:ア ッパー部分:牛革/内装:ポリエステル/ソール部分:合成ラバー

問い合わせ&公式サイト
http://www.daytona.co.jp/

アマゾンでも購入可!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.