「アビエルト・メキシカーノ・テルセル」(WTAインターナショナル/メキシコ・アカプルコ/2月26日~3月3日/賞金総額25万ドル/ハードコート)の女子シングルス2回戦で、第1シードのスローン・スティーブンス(アメリカ)が水曜日の夜、1セットダウンから巻き返し、予選から勝ち上がったアランチャ・ラス(オランダ)を5-7 7-6(6) 6-0で下して準々決勝に駒を進めた。

 スティーブンスは、第2セットのタイブレークでマッチポイントをセーブした上で、勝負を最終セットに持ち込んでいた。スティーブンスは昨年のUSオープンで初のグランドスラム・タイトルを獲得し、アカプルコでは2016年に優勝を遂げていた。彼女は準々決勝で、シュテファニー・フェーゲレ(スイス)と対戦する。フェーゲレは2回戦で、マリア・サカーリ(ギリシャ)を6-3 6-4で退けた。

 第2シードのクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)もまた、スロースタートを克服してベアトリス・アダッド マイア(ブラジル)に3-6 6-3 7-5で競り勝った。ムラデノビッチは準々決勝で、第7シードで前年度覇者のレシヤ・ツレンコ(ウクライナ)と対戦する。ツレンコはアリナ・ラディオノワ(オーストラリア)を6-3 6-1で倒して勝ち上がった。

 第3シードのダリア・ガブリロワ(オーストラリア)はワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したレナタ・ザラズア(メキシコ)に7-5 6-3で勝ち、次のラウンドでベロニカ・セペデ ロイグ(パラグアイ)と対戦する。セペデ ロイグは2回戦で、第5シードのイリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)を7-6(3) 6-1で倒す番狂わせを演じた。

  第4シードのジャン・シューアイ(中国)は、ジル・タイヒマン(スイス)を7-6 (5) 6-4で下してベスト8入りした。彼女は準々決勝で、モニカ・プイグ(プエルトリコ)を倒して勝ち上がった予選勝者のレベッカ・ピーターソン(スウェーデン)と対戦する。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はオーストラリアン・オープンでのスローン・スティーブンス(アメリカ)
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 15: Sloane Stephens of USA serves in her first round match against Shuai Zhang of China on day one of the 2018 Australian Open at Melbourne Park on January 15, 2018 in Melbourne, Australia. (Photo by Quinn Rooney/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.