ゴルフは一旦コースに出れば平坦な場所からのショットはほとんどない。そして、代表的な傾斜地の中で、アマチュアゴルファーがもっとも苦手とするのが「左足下がり」だ。ダフリ、スライス、トップ……様々なミスが出るこの傾斜の攻略法を、アクアラインゴルフクラブ所属の教え上手・宮内希幸プロに教えてもらった。

左足下がりといえば、アマチュアの人のもっとも苦手な傾斜。宮内プロは、「まず、なぜ左足下がりが難しいのかを考えてもらいたい」という。

「左足下がりが難しい最大の理由は、ボールの後ろが高いから。平地に比べ、左足下がりは右足側の地面が高いですよね。そのため、クラブが地面に当たりやすい。つまり、ダフリやすいんです。それなのにアマチュアの方は、ボールを上げようとして右足体重で構えてしまう。その結果、ただでさえダフリやすいのに、ますますそれが助長されてしまうんです」(宮内)

宮内プロは、左足下がり攻略の最大のポイントは“傾斜なり”に立つことだと語る。

画像: 傾斜に逆らって立つ(左)とミスになる。傾斜なりに構えよう(右)

傾斜に逆らって立つ(左)とミスになる。傾斜なりに構えよう(右)

「左足下がりから高いボールは打てないと割り切り、傾斜なりにアドレスをとるんです。傾斜なりに構えて傾斜なりに振り、フォローも低くとって低い球を打つ。これが左足下がり最大の攻略法。まずは頭からボールを上げようという意識を締め出す。それだけで、ミスは減らせますよ」(宮内)

画像: 高いボールは必要ない。フォローを低くとり、低いボールで攻めよう

高いボールは必要ない。フォローを低くとり、低いボールで攻めよう

左足下がりと対になる左足上がりの場合、傾斜なりに構えるところまでは同じだが、やや右足体重でインパクトし、傾斜なりに振って高い球を打つのが攻略のコツだ。

画像: 左足上がりでは傾斜なりに立ち、傾斜に沿って飛んでいく球をイメージして打とう

左足上がりでは傾斜なりに立ち、傾斜に沿って飛んでいく球をイメージして打とう

傾斜地は、打ち方云々の前になぜミスになるのかを知ることが重要。基本を押さえて、スコアを守ろう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.