戦力外通告、不倫、ギャンブル、借金、
四十男が再起をかけたのは競輪だった——。

画像1: ©2017空気 /PYLON

©2017空気 /PYLON

 元プロ野球選手が戦力外通告。パチンコや酒に溺れ、妻子と離れてゲス不倫——。崖っぷちの主人公が、再起をかけて挑むのは「競輪」! 過去の栄光が通じない世界に飛び込む主人公の前に立ちはだかるのは、過酷なトレーニングと20歳以上も離れた若者たちの冷ややかな視線。そして、自堕落な生活が染み付いてしまった“自分自身”だった。

 俳優陣が本物の競輪学校で特訓合宿を行った競輪シーンは、圧倒的なリアリティを生み、人生を背負った男たちがぶつかり合う姿はまさに“ガチ”! 変わりたい。ただ頑張り方が分からない——。根性なしの主人公が不器用にもがく姿に、きっと最後は応援したくなるはずだ。

画像2: ©2017空気 /PYLON

©2017空気 /PYLON

画像3: ©2017空気 /PYLON

©2017空気 /PYLON

画像4: ©2017空気 /PYLON

©2017空気 /PYLON

画像5: ©2017空気 /PYLON

©2017空気 /PYLON

画像6: ©2017空気 /PYLON

©2017空気 /PYLON

画像7: ©2017空気 /PYLON

©2017空気 /PYLON

 競輪発祥の地である福岡県の小倉を舞台にした本作のメガホンをとったのは、福岡発ドラマ「めんたいぴりり」の演出力が評価され、東京五輪招致映像のクリエイティブディレクションを務めるなど注目のクリエイター、江口カン。今回が満を持して商業映画デビューとなる。

主演は競輪選手を目指したこともある安部賢一。「この役に選ばれなければ俳優を引退する」と背水の陣で主役を勝ち取った。ライバル役には、映画『デメキン』やドラマ「You May Dream」など出演作が相次ぐ福山翔大。そのほか、モロ師岡や博多華丸ら多彩なキャストが脇を固める。

このたび、4/7(土)より、ロケ地である地元、福岡中洲大洋映画劇場を皮切りに先行上映の後、5/26(土)より、新宿K’s cinemaほか全国順次公開が決定しました!

【江口カン監督コメント】
年齢を重ねてからの挑戦というのは、若い頃以上に、失敗が許されない恐怖など余計なノイズが入ってくる。その崖っぷちな状況を描きたいと思いました。ぜひ「こいつの人生、ひどいな」と言いながら笑ってください。そして、自堕落でひたすらムカつくけど、どこか憎めない主人公、濱島浩司を応援してください。中年男性にとっての第2のチャレンジを描いた映画ですが、若い世代や女性にもきっと共感してもらえると思います。

江口カン監督

福岡生まれ。九州芸術工科大学 画像設計学科卒業。‘97年 KOO-KI 共同設立。
ドラマやCM、短編映画などエンターテインメント性の高い作品の演出を数多く手がける。’07〜‘09年 世界で最も重要な広告賞として知られるカンヌ国際広告祭で三年連続受賞(Bronze/Bronze/Gold)。Boards Magazine(カナダ)主催「Directors to Watch 2009」14人のうち1人に選出。’10年より3年連続でクリオ賞(アメリカ)審査員。‘13年 東京五輪招致PR映像「Tomorrow begins」のクリエイティブディレクションを務める。
同年、ドラマ「めんたいぴりり」の監督を務め、日本民間放送連盟賞優秀賞、ATP賞ドラマ部門奨励賞、ギャラクシー賞奨励賞受賞。’15年 続編「めんたいぴりり2」が放送。前作に続き2年連続で日本民間放送連盟賞 優秀賞を受賞。同年、Webムービー「TOYOTA G’s『Baseball Party』」の企画・監督を務め、Youtubeで860万ビューを超える盛り上がりを見せ、MLB公式サイト、TV局CBSスポーツ電子版ADWEEK(アメリカ)のサイトに取り上げられるなど話題を呼ぶ。
‘16年4月 競輪発祥の地・小倉を舞台に、夢と人生にもがく、崖っぷちの男たちのドラマ「ガチ★星」(テレビ西日本で2016年4月放送)の企画・監督を務める。
同年11月、ゲーム「龍が如く」の完全オリジナルストーリードラマ「龍が如く 魂の詩。」の監督を務める。本作は、ゲオチャンネルにて配信。2017年1月レンタル開始。12日間でレンタル回数10万回を突破した。映画『めんたいぴりり』が2019年秋公開予定。

画像8: ©2017空気 /PYLON

©2017空気 /PYLON

濱島浩司、40歳。8年前はプロ野球選手として活躍していたが、戦力外通告を受けて以降、生活は荒れる一方。それが原因で妻や息子と離れた濱島は、故郷の北九州で、親友の居酒屋を手伝うことに。相変わらずパチンコや酒に溺れ、挙げ句に親友の妻と浮気するなど自堕落な生活が続く中、濱島はなじみのラーメン屋で、競輪選手になることを勧められる。
「40歳以上でも入学できる」と聞き、競輪学校に入学した濱島を待っていたのは、教官からの猛烈なしごきと、20歳以上も歳の離れた若者たちからのいじめだった。持ち前の負けん気で過酷なトレーニングに何とか食らいつき、いじめにも屈しない濱島。だが一方で自堕落な生活からは抜け出せず、成績は一向に振るわない。崖っぷちな状況をみずから招いていた彼は、ある日同郷の同級生、久松孝明の存在を知る。
他の生徒とは違い、圧倒的な成績を残す彼は、弱った母を施設に預け、帰る場所をなくしてまで競輪にかけていた。「これしかねえっちゃ」。ひとり黙々と自転車を漕ぐ久松の姿に吸い寄せられた濱島は、見失った本当の自分を取り戻すために立ち上がる——。

安部賢一 福山翔大
林田麻里 船崎良 森崎健吾 伊藤公一 吉澤尚吾 西原誠吾 博多華丸 モロ師岡
監督:江口カン
脚本:金沢知樹
プロデューサー:森川幸治、瀬戸島正治
企画:空気株式会社、有限会社パイロン
特別協力:RIZAP株式会社、有限会社メダリストプランニング
協力:北九州市、福岡市、久留米市、公益財団法人JKA、日本競輪選手会福岡支部
撮影協力|北九州フィルム・コミッション
特別協賛:公益財団法人JKA、BRICKHOUSE、ONIKU
配給:株式会社マグネタイズ
配給協力:太秦株式会社
2017/日本/カラー/ステレオ/16:9/DCP/106分
©2017空気 /PYLON

4/7(土)より、福岡中洲大洋映画劇場先行上映
5/26(土)より、新宿 K’s cinemaほか全国順次公開

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.