周囲には“女優”として見栄を張りながらも、鳴かず飛ばずな毎日を過ごす絵梨子。
ある日、疎遠だった姉の訃報を受け帰郷した絵梨子 は、姉が葬儀で参列者の涙を誘う「泣き屋」の仕事をしていたこと を知る。その仕事の真の役割を知らぬまま、絵梨子は女優ならば簡単にできると思い、「泣き屋」を始めてみるのだが...。

画像1: © Akiyo Fujimura

© Akiyo Fujimura

画像2: © Akiyo Fujimura

© Akiyo Fujimura

画像3: © Akiyo Fujimura

© Akiyo Fujimura

画像4: © Akiyo Fujimura

© Akiyo Fujimura

画像5: © Akiyo Fujimura

© Akiyo Fujimura

画像6: © Akiyo Fujimura

© Akiyo Fujimura

監督は、是枝裕和監督製作総指揮のオムニバス『十年 日本(仮)』 の一篇を手がける新鋭、藤村明世監督。

藤村明世監督

『おくりびと』を彷彿させる、かつて日本にも実在していたという葬儀のための「泣き屋」に 着目した『見栄を張る』は、シネアスト・オーガニゼーション (CO2)の助成で製作された⻑編映画1作目。

メイキング写真より

画像1: メイキング写真より
画像2: メイキング写真より

SKIP シティ国際 D シネマ 映画祭 2016 でSKIP シティアワード、イタリアの Working Title Film Festival にてスペシャルメンションを受賞したほか、ドイツ、アメリカ、オランダなど世界の国際映画祭で注目を集めました。

 主演は『神さまの轍 Checkpoint of the life』『たまゆら』ほかネクストブレイク必至の久保陽香。体裁を気にする現代人の心の闇や 無縁社会で失われゆく人との絆、夢をあきらめきれないヒロインの成長が、女性同士ならではの繊細かつポップな筆致で紡がれた本作。

是枝裕和監督からのコメントが到着!また本予告が完成しました! 

【是枝裕和監督からのコメント】
人は何故泣くのか?
生者への見栄なのか、
死者への浄化なのか?
未熟な女優である主人公は、
泣くことを職業にした姉の存在を通して、
泣くことの、そして、女優であることの意味を考えていく。
爽やかな読後感の残る好編。

藤村明世監督長編デビュー作『見栄を張る』予告編

画像: 藤村明世監督長編デビュー作『見栄を張る』予告編 youtu.be

藤村明世監督長編デビュー作『見栄を張る』予告編

youtu.be

監督・脚本:藤村明世
出演:久保陽香、岡田篤哉、似鳥美貴、辰寿広美、真弓
倉沢涼央(旧:齋藤雅弘)、時光陸、小栁圭子(特別出演)
2016/日本/カラー/DCP/93 分

3月24日(土)より、渋谷ユーロスペース、横浜シネマリンほか全国順次公開

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.