今年1月にオープンした『博多やきとり筑前屋 東陽町店』が今、"あること"で話題です。

この店舗は、全員女性で運営される居酒屋で、そのうちの半分が自ら子育てをするママという変わったお店。「筑前屋」は、2016年の7月に社内託児所を新設し、スタッフが子育てをしながらも働ける居酒屋チェーンを実現しています。

「ワンオペ撲滅居酒屋」誕生

画像: 「ワンオペ撲滅居酒屋」誕生

筑前屋の東陽町店は、今年新たに、働くママやそのママを支える家族がお得になる、啓蒙型「ワンオペ撲滅居酒屋」として誕生しました。

「女性活躍」や「待機児童問題」など、世の女性を取り巻く環境改善に社会全体が取り組む中、内閣府が行った『地域における女性の活躍に関する意識調査』によると、東京都では32.1%の女性が「子どもができてからもずっと職業を持ちたい」と回答しており、全国平均を3.8%も上回っています。

筑前屋は、働く女性支援に啓蒙型店舗という形で積極的に取り組んでいきたいと考えているそうで、その取組みの第一弾として、「ワンオペ撲滅キャンペーン」をスタートしました。

ワンオペ撲滅キャンペーンとは

画像1: ワンオペ撲滅キャンペーンとは

ワンオペ撲滅キャンペーンは、皿洗いや洗濯物などの家事を行う夫、子守をする夫(男性の場合はご自身)の写真を撮影し、店頭で提示するだけで来店したグループ全員分のドリンク1杯目(アルコール、ソフトドリンク)が無料になるキャンペーンです。

撮影した写真に『#ワンオペ撲滅キャンペーン #筑前屋東陽町店』とハッシュタグを付け、Instagram
やtwitterに投稿するのも大歓迎とのこと。

このキャンペーンを夫に家事や育児を手伝ってもらうきっかけにするのもいいかもしれません。

画像2: ワンオペ撲滅キャンペーンとは

<店舗詳細>
博多やきとり筑前屋 東陽町店
〒135-0016
東京都江東区東陽4-6-16 1F
営業時間:月~金 11:30~14:00(L.O.13:30)、16:00~24:00、土・日・祝日 14:00~23:00
アクセス:地下鉄東西線 東陽町駅 4番出口 徒歩1分

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.