1985 GPZ900R(A2)

この年は豪州仕様がはじめて導入された。欧州仕様も豪州と同じレッド×シルバー、ブルー×シルバーがラインナップ。なお、このA2の後期生産分ではシリンダーヘッド周辺が改良されている。

画像: ルミナスポラリスブルー×ギャラクシーシルバー(豪州仕様)

ルミナスポラリスブルー×ギャラクシーシルバー(豪州仕様)

画像: ファイアクラッカーレッド×ギャラクシーシルバー(豪州仕様)

ファイアクラッカーレッド×ギャラクシーシルバー(豪州仕様)

画像: エボニー×ファイアクラッカーレッド(US仕様) US仕様も写真のエボニー×レッドの他、レッド×シルバーが販売された。

エボニー×ファイアクラッカーレッド(US仕様)
US仕様も写真のエボニー×レッドの他、レッド×シルバーが販売された。

画像: ライムグリーン×ポーラホワイト(南アフリカ仕様) グリーン×ホワイトは南アフリカでのみ販売されたが、GPライダー、コーク・バリントンが南アフリカ出身だった事から、この地ではライムグリーン=カワサキというイメージが一段と強かったことがうかがえる。

ライムグリーン×ポーラホワイト(南アフリカ仕様)
グリーン×ホワイトは南アフリカでのみ販売されたが、GPライダー、コーク・バリントンが南アフリカ出身だった事から、この地ではライムグリーン=カワサキというイメージが一段と強かったことがうかがえる。

写真:バイカーズステーション

完全保存版のNinjaガイドブック! おかげ様で好評発売中!

日本のバイク遺産 ニンジャ伝 (Motor Magazine Mook)
Bikers Station監修
モーターマガジン社 (2018-02-26)
売り上げランキング: 912

目次

◯巻頭グラフ:歴代のGPZ900R/750Rを見る
~各年式別のカラーバリエーションや仕向け地別も網羅
◯GPZ900Rの開発
~水冷DOHC4バルブ並列4気筒とダイアモンドフレームに至る道程
◯開発者インタビュー①「新Z伝説、発進」
~Z1から10年目、さらなる伝説が始まった
◯詳細解説
1984 GPZ900R(ZX-900A1)
1991 GPZ900R(ZX-900A8)
1999 GPZ900R(ZX-900A12)
1984 GPZ750R(ZX-750G1)
◯カタログで見るGPZ900Rの変遷
~カワサキ第2世代の900ccモデルは、20年の長寿をまっとうする
◯カタログで見るGPZ750Rの変遷
~車体の設計を900と共通化した750Rは、わずか3シーズンでその生涯を終えた
◯主要諸元と仕向け地別仕様表&フレーム番号
~カワサキGPZ900R(1984~2003年)の年式ごとの
◯ZZR1100へ至る道
~GPZ900RからZZR1100まで。10年にわたる革新と熟成の歴史
◯1983~2000 カワサキフラッグシップの諸元一覧
◯GPZ900Rから ZZR1100へ
~その進化と共通性を探る
◯GPZ900R~ZZR1100までのエンジン諸元を比較する
◯開発者インタビュー②「300km/hと世界制覇」
~ニンジャのあと、それから…
◯詳細解説
1986~ GPZ1000RX(ZX1000A)
1988~ ZX10(ZX1000B)
1990~ ZZ-R1100(ZX1100C)
1993~ ZZ-R1100(ZX1100D)
2000 Ninja ZX-12R(ZX1200A)
2002 Ninja ZX-12R(ZX1200B)
2006 ZZR1400(ZX1400A6)
2012 Ninja ZX-14R(ZX1400E)
2011 Ninja 1000(ZX1000G)
2015 Ninja H2(ZX1000N)
2015 Ninja H2R(ZX1000P)

 

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.