ラファエル・ナダル(スペイン)は、執拗な右腰の故障のため、来たるインディアンウェルズとマイアミをスキップすることになる。

 金曜日にナダルは、フェイスブック上でその旨を発表した。彼は水曜日、回復にはもう少し時間が必要だと言って、自分の最初の試合の直前にメキシコ・オープンの棄権を決めていた。

 彼は金曜日にフェイスブックで、「アカプルコで大会を始める間に被った故障は、メルボルンで問題となったのと同じエリアだ」と投稿した。

 世界2位のナダルは、1月のオーストラリアン・オープン準々決勝を途中棄権して以来、大会に出場してない。

 昨年のナダルは、インディアンウェルズは4回戦、マイアミでは決勝で、ロジャー・フェデラー(スイス)に敗れていた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はアカプルコの大会の記者会見でのラファエル・ナダル(スペイン)
ACAPULCO, MEXICO - FEBRUARY 27: Rafael Nadal of Spain looks on during a press conference to announce his retirement from the Telcel Mexican Open 2018 at Mextenis Stadium on February 27, 2018 in Acapulco, Mexico. (Photo by Hector Vivas/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.