第90回アカデミー賞で4部門(作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞)にノミネートされていた『君の名前で僕を呼んで』。
脚色賞にノミネートされていたジェームズ・アイヴォリーが見事受賞を果たしました。

脚色賞を受賞したジェームズ・アイヴォリーは『日の名残り』などで知られる名監督で、現在89歳。本作では自らの監督作以外で初めて脚本を手がけた。
2012年に『人生はビギナーズ』で助演男優賞を受賞したクリストファー・プラマーの82歳を塗り替える、アカデミー賞全部門での史上最年長受賞となります。89歳の初受賞にして、アカデミー史上最年長受賞更新に、記憶に残る歴史的受賞を果たしました。

【脚色賞・受賞/ジェームズ・アイヴォリー】
現在89歳のジェームズ・アイヴォリー。2012年に『人生はビギナーズ』で助演男優賞を受賞したクリストファー・プラマーの82歳を塗り替える、アカデミー賞全部門での史上最年長受賞。
また今回がアカデミー賞初受賞。受賞式には『君の名前で僕を呼んで』の主演ティモシー・シャラメがのイラストが描いてあるシャツで登場!

◆ジェームズ・アイヴォリー受賞スピーチ
脚本家として脚色する際には原作者に感謝しなければなりません。
原作のアンドレ・アシマンが描いた、“初めての恋“というのは、セクシャリティに関係なく誰もが経験することです。
監督をはじめ、役者の方々、それからニューヨークの家族たち、すべての人に感謝したいと思います。
ここに立てるのも彼らの助けがあったからです。
私の50年近く一緒にやってきたイスマル・マーチャントという今は亡きパートナーが2度アカデミー賞を受賞しています。その人のおかげでもあります。本当に感謝しています。

画像: アーミー・ハマー、ティモシー・シャラメの間に挟まれるジェームズ・アイヴォリー

アーミー・ハマー、ティモシー・シャラメの間に挟まれるジェームズ・アイヴォリー

◆ジェームズ・アイヴォリー
1928年6月7日、アメリカ、バークレーに生まれ。現在89歳。
映画史に刻まれる伝説的な脚本家/監督。主な作品に、E.M.フォースター原作の『眺めのいい部屋』(1986)、『モーリス』(1987)、『ハワーズ・エンド』(1992)、カズオ・イシグロ原作の『日の名残り』(1993)といった傑作が特に知られる。3度の最優秀作品賞と最優秀監督賞を含む25のアカデミー賞ノミネートにも輝く。1995年には、長年にわたる映画界への功績が認められ、全米監督協会からD・W・グリフィス賞を贈られた。自らの監督作以外で脚本を手がけたのは本作が初めて。

本作は、世界各地の映画賞を多数受賞、アカデミー賞4部門にノミネートされた本作。主演は、主演男優賞やブレイクスルー賞を軒並み受賞し、新星ティモシー・シャラメ。共演は、長身の整った容姿も魅力的な『コードネーム U.N.C.L.E.』のアーミー・ハマー。
刊行時から話題を集めた原作を脚色したのは、現在89歳の名匠ジェームズ・アイヴォリー。
『眺めのいい部屋』や『モーリス』、『日の名残り』といった名作を生み出して来た名匠が、17歳と24歳の青年の初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描きました。監督は『ミラノ、愛に生きる』のイタリア出身のルカ・グァダニーノ。主演、助演すべての俳優たちの見事なアンサンブルと、美しく深いシナリオを得て、いよいよその才能を花開かせた傑作です。

「★★★★★(最高点)胸が張り裂ける感動!」-タイムアウト紙
「息をのむほどの美を兼ね備えた傑作」-オブザーバー紙
「魅了され、恍惚となるほどに美しい映画」-ワシントンポスト紙
「今年最も魅惑的な映画」-アトランティック紙
「“傑作”という名前でこの映画を呼ぼう」-ニューヨークポスト紙 
などの各誌レビューにあるように、世界中から熱狂的な賛辞が贈られ、いよいよ日本では4月27日(金)より公開となります。

画像: 『君の名前で僕を呼んで』日本オリジナル予告 youtu.be

『君の名前で僕を呼んで』日本オリジナル予告

youtu.be

【STORY】
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。

監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎsのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:アンドレ・アシマン 「Call Me By Your Name」
出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『Lady Bird(原題)』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか
2017年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/カラー/ビスタ/5.1ch/132分/PG12
©Frenesy, La Cinefacture 
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム 
配給:ファントム・フィルム 
原題:Call Me By Your Name     

4/27(金)、TOHOシネマズ シャンテ 他 全国ロードショー

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.