3月5日Appleが発売したスマートスピーカーHomePodのCMを公開しました。
HomePodは、空間認識を使って自らの室内での位置を感知し、それに合わせて自動的に音を調節するという機能を持つスピーカー。そしてsiriに聞いて音楽を選んだりもできるという。

CMといっても映像は4分という完全MV仕様で、監督を務めたのは『マルコヴィッチの穴』『her/世界でひとつの彼女』などの映画作品でも知られるスパイク・ジョーンズ監督。そして出演するのは2015年フジロックにも来日し話題になったFKA twigs。
スパイク・ジョーンズ監督が2016年に手がけた「Kenzo World」も話題になりました(シネフィルでもご紹介)が、もともとCMやMVの世界では大御所だけに今回もさすがの仕上がりとなっています。

疲れて帰ってきた女性が、Siriに話しかけ、音楽を選び部屋に置かれたスマートスピーカーHomePodでの音楽を聴くうちに徐々に元気を取り戻す--
HomePodで広がる世界を表現したものですが、FKA twigsのダンスとともに次々と広がって行く幻想的な空間の流れの中にその世界観を見事に表しています。

どうぞ、映像をご覧ください!

画像: HomePod — Welcome Home by Spike Jonze — Apple youtu.be

HomePod — Welcome Home by Spike Jonze — Apple

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.