「BNPパリバ・オープン」(ATP1000/アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズ/3月8~18日/賞金総額890万9960ドル/ハードコート)の男子シングルス3回戦で、ダニエル太郎(エイブル)はレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)に4-6 1-6で敗れた。試合時間は1時間15分。

 今大会に3年ぶり3度目の出場となったダニエルは、予選2試合を勝ち抜き初の本戦入り。1回戦で同じく予選勝者のキャメロン・ノリー(イギリス)を6-3 1-6 6-1で破ると、2回戦では過去5度の優勝(2008年、11年、14年~16年)を誇る第10シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を7-6(3) 4-6 6-1で倒して勝ち上がっていた。

 この結果でメイヤーは、ダニエルとの対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。両者は昨年3月にブエノスアイレス(ATPチャレンジャー/5万ドル/ハードコート)の決勝で初対戦しており、ダニエルが5-7 6-3 6-4で勝っていた。

 メイヤーは4回戦で、第6シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)と第29シードのダビド・フェレール(スペイン)の勝者と対戦する。

※写真はダニエル太郎(エイブル)
INDIAN WELLS, CA - MARCH 13: Taro Daniel of Japan prepares to his a backhand in his match against Leonardo Mayer of Argentina during the BNP Paribas Open at the Indian Wells Tennis Garden on March 13, 2018 in Indian Wells, California. (Photo by Harry How/Getty Images)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.